Menu
(0)

Search

映画『ブレイド』、当時スタジオが白人にすり替えようとしていた ─ 脚本家が拒否の結果、ウェズリー・スナイプス主演に

ブレイド
SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 写真:ゼータ・イメージ

マーベル・コミック原作のヴァンパイア・ホラー・アクション映画ブレイドシリーズの人気は、主演の黒人俳優ウェズリー・スナイプスの魅力によるところが大きい。同シリーズは、第一作目が1998年に米公開、続編『ブレイド2』が2002年に、『ブレイド3』が2004年に米公開。シリーズ三部作が完結されるまでの人気を誇った。

ブレイド
『ブレイド2』より。SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 写真:ゼータ・イメージ

ところが制作当時、ウェズリー・スナイプスが演じた主人公ブレイドが、スタジオの意向のため白人俳優にすり替えられる可能性があったのだという。シリーズ誕生から20年、脚本を務めたデヴィッド・S・ゴイヤーがEntertainment Weeklyにて明かした。

「白人にできないか」

デヴィッドの記憶によれば、監督は当初『ブレイド』をスタジオ側に提案する際、三部作とする必然性を「黒人ヴァンパイア版の『スター・ウォーズ』」という表現で説明したという。人間とヴァンパイアの混血である主人公ブレイドについて、「人種問題を破壊的なやり方で取り扱う」、つまり、人間とヴァンパイアという2種に属しながら、その両方からも受け入れられない、という皮肉まで描く必要性を考えていた。

ところがスタジオ側の返答は、「ブレイドを白人にできないか」というものだった。結果から見れば明らかなように、デヴィッドはこれを断固として拒否。そもそもブレイドは、原作コミックでも黒人男性として描かれてきているのである。デヴィッドは、「どう考えても絶対にできません。それはひどすぎる、無理です」と返したのだった。

この記事がEntertainment Weeklyに掲載されてからおよそ1週間、今度は主演のウェズリー・スナイプスが別のインタビューにて本件にコメント。件の記事について直接尋ねられると、「(事実について)僕も知りませんでした。その記事は読みましたよ」と答え、「ハリウッドめ!」と嘆いた。もしも白人版になっていたら?と尋ねられると、「(自身のものに比べて)イケてなかったと思うな!間違いねぇ!」と笑って答えている。

90年代後半から00年代前半にかけ、現在のアメコミ映画ブームに先駆けて展開されていた『ブレイド』シリーズの復活(具体的には、マーベル・シネマティック・ユニバースへの合流)を望む声は多く、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが「いつかね」と希望を持たせているほか、『スパイダーマン:ホームカミング』ジョン・ワッツ監督も参戦を熱望。ウェズリー・スナイプス自身も、「共演してほしいということだったら喜んでやりたい」とスタンバイしている状態だ。

Source:EW,HuffPost

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly