Menu
(0)

Search

ハーレイ・クインのスピンオフ映画、2019年1月より撮影の見込み ― R指定で低予算、新コスチュームも登場へ

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ワーナー・ブラザース/DCコミックス製作、映画『スーサイド・スクワッド』(2016)に登場したハーレイ・クインのスピンオフ映画『Birds Of Prey(仮題)』の撮影が2019年1月にも始まる見込みだという。ハーレイ役の女優で本作のプロデューサーを兼任するマーゴット・ロビーが、最新作『Terminal(原題)』のプロモーションにて新たな情報を明らかにした。

低予算かつR指定、多様なキャラクター

Flickering Myth誌のインタビューに登場したマーゴットは、『Birds Of Prey』の撮影開始時期を「きっと(2019年)1月」だと語っている。“きっと”という言葉が添えられているあたり、2018年7月現在、このスケジュールは確定事項ではないとみられるが、準備は着々と進んでいるにちがいない。

またマーゴットいわく、本作は変わらずDC映画ユニバースに属するという。ワーナー/DCは“狂気の犯罪王子”ジョーカーの単独映画『ザ・ジョーカー(仮題)』で新ユニバースを始動するとみられる(編注:同作に『スーサイド・スクワッド』でジョーカーを演じたジャレッド・レトは出演しない)が、『Birds Of Prey』はマーゴットが主演を務めるとあって、同じ世界観での新作となるようだ。

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

『Birds Of Prey』は「普通のコミック映画よりも低予算の、R指定映画になる」という。監督を務めるのは元ウォール・ストリート・ジャーナル誌の記者にして、これが長編映画第2作となるアジア人女性監督キャシー・ヤン。脚本は『トランスフォーマー』シリーズのスピンオフ映画『バンブルビー(邦題未定、原題:Bumblebee)』のクリスティーナ・ホドソンが執筆している。

以前、マーゴットは『Birds Of Prey』を「ガールズ・ギャング映画」だと形容していた。この作品ではハーレイ・クインをはじめ個性豊かなキャラクターが揃い踏みすることになりそうだが、その活躍は独創的なものになりそうだ。ここで米FANDOMのインタビューを参照してみよう。

「DCには、いまだ掘り下げられていない女性キャラクターがたくさんいると思います。超人的な能力があるだけじゃなくて、ユニークで、複雑で、ダークで、カッコよくて、楽しくて、ワクワクするようなキャラクターが。実際、一番楽しみなキャラクターはスーパーパワーをまったく持っていません。彼女たちは優れたバックストーリーを持っていて、ハーレイと同じ世界に生きていて、クールで劇的なものを生み出していく。[中略]全員が同じ人間じゃない、ぜんぜん違うキャラクターなんです。ですから、巨大なガール・ギャングの日常をスクリーンで描きたかった。」

こうした意志はキャスティングにも活かされるようで、米Yahoo!のインタビューで、マーゴットは「現実世界はただひとつのイメージに縛られてはいません。そうしたことをスクリーンに反映しなければならないと思います」とも語っているのである。こうしたマーゴットのアプローチは、元記者として現実を追いかけてきたキャシー監督の手腕とも非常に相性が良さそうだ。

なお『Birds Of Prey』の見どころは、ハーレイ・クインが新たなコスチューム姿を披露してくれるところにもある。マーゴットは詳細を明かしていないが、すでに新しい衣裳のデザインは進められているという。

ちなみにワーナー/DCは、2018年7月現在、『スーサイド・スクワッド2(仮題)』や本作をはじめ、ハーレイ・クインのスピンオフ映画も複数企画中。しかしマーゴットがプロデューサーを務めているのは『Birds Of Prey』のみで、これ以外の企画については状況を把握していないとのことだ。

Sources: FM, FANDOM, Yahoo
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly