Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』ポストクレジットシーン、大幅カットされていた ― 出演者が明かす

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『ブラックパンサー』(2018)のポストクレジットシーンが大幅にカットされていたことがわかった。

注意

この記事には、映画『ブラックパンサー』のネタバレが含まれています。

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

―――

――

バッキー再登場、完成版より8分以上長かった

『ブラックパンサー』のポストクレジットシーンでは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でワカンダにて冷凍睡眠に入ったバッキー・バーンズが再登場を果たす。子供たちに見つめられながら目覚めたバッキーは、ティ・チャカ/ブラックパンサーの妹にして天才科学者のシュリに迎えられるのだ。「ホワイトウルフ」と呼ばれる彼は、今やヒドラによる洗脳を受けた暗殺者ウィンター・ソルジャーではない……。(THE RIVERでは、このポストクレジットシーンに関する記事12をご用意している。スタッフによる証言とともに振り返りたい方は、ぜひそちらもご一読いただければ幸いである。)

2018年4月14日(現地時間)、米国オレゴン州ポートランドにて開催された「ウィザード・ワールド・コミコン」に、バッキー役のセバスチャン・スタンが登場。『ブラックパンサー』出演シーンのため、もっと多くの場面を撮影していたことを明かしている。米CinemaBlendが伝えた。

「あのシーンはすごく面白い場面だったんですよ。(完成版は)すごく良いと思いますが、少なくとも8分は長かったんです。バッキーがあれこれ知りたがって、“これはどうしてこんな名前なの?”みたいなことを言う。シュリがちょっとだけ教えてくれるんです。それから二人で歩いていって、長老たちと過ごしたり、子供たちと遊んだりして。でも、あれは見てもらえないわけですよね。」

ちなみにバッキーが呼ばれている「ホワイトウルフ」というコードネームの人物は、コミックにおいて、ティ・チャラの誕生以前からワカンダにいるキャラクター。先王ティ・チャカの任命によって秘密警察のリーダーとして「ホワイトウルフ」を名乗るが、ティ・チャラが国王になったのちに傭兵となっている。こうした設定を今後バッキーが担うということだろうか……。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプロモーションにて、セバスチャンはこの展開に驚かされたことを語っている(露Kinowetter)。

「『ブラックパンサー』のコミックをもう一度読みたいですね。ホワイト・ウルフのシチュエーションがありますから。まるで(『キャプテン・アメリカ』やバッキーのストーリーとは)異なる筋ですから、そっちに進むとは思っていませんでしたし、何が起こるのかもわかっていなかった。でも、すごく上手いやり方ですよね。“なるほど、いいね”って思ってます。彼ら(マーベル)がどう考えてるのかはわからないんですが。」

さて、「ホワイトウルフ」というコードネームは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』やその後の展開でどのように活きるのか。そして、カットされたというバッキーの“日常シーン”をファンが見られる日はやってくるのか?

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日に全国の映画館で公開された。

Sources: CB, Kinowetter
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly