Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』続編、キルモンガー復活の可能性は ─ チャドウィック・ボーズマン、監督との話し合いに参加

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバースでティ・チャラ/ブラックパンサー役を演じているチャドウィック・ボーズマンが、『ブラックパンサー』(2018)続編について、ライアン・クーグラー監督との話し合いを始めているようだ。

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のネタバレが含まれています。


ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

MTV Newsの取材で、「ライアン・クーグラーは続編について教えてくれるんですか?」と尋ねられたチャドウィックは、「聞いていますよ」と答えた。以前の報道によれば、ライアン監督は2019年後半から2020年前半の撮影開始を目指して脚本を執筆しているとみられる。監督から知らされているアイデアについて、チャドウィックは「面白いですよ」と話している。

ところで『ブラックパンサー』続編といえば、前作で多くのファンを獲得した悪役エリック・キルモンガーの再登場が気になるところ。ラモンダ役のアンジェラ・バセットと夫がキルモンガーの続投を示唆したことはあったが、当時の発言は冗談にも聞こえるだけに真相は定かでない。もちろん、チャドウィックもキルモンガーについては答えなかった。

「言えないんですよ。僕が思っていることも言えません。もし言ってしまったら、何かをバラすことになってしまいますからね。」

ちなみにチャドウィックは、米Fandangoから『ブラックパンサー』続編について尋ねられた際には「僕は死んでるんです、塵になってるんですよ!どうして僕に聞くんですか?」と質問を回避している。MTV Newsでも『アベンジャーズ/エンドゲーム』について問われた際には「外から見てるっていうのは良いものですね」と答え、あくまで“死んでいる”アピールを忘れなかった。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Sources: MTV News, Erik Davis

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly