Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』続編、脚本作業が開始 ─ キルモンガー再登場説は「ただの噂」、マーベル社長が回答

©THE RIVER

2018年、米国で社会現象となり、マーベル・シネマティック・ユニバースの単独映画史上最高のヒットを記録した映画『ブラックパンサー』。その続編が、いよいよ本格的に動き出したようだ。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『ブラックパンサー』続編(タイトル未定)の脚本作業がスタートしたことを明らかにしている。

『ブラックパンサー』続編には、前作に続いてライアン・クーグラーが脚本・監督として登板予定。米BETのインタビューにて、ケヴィン社長は「ミスター・クーグラーはここ数週間でキーボードに向かい、映画のあらすじを書き始めたばかりです」と述べた。

「まだ初期段階ですから、何も決まっていません。数週間以内に、ネイト・ムーア(プロデューサー)と僕はクーグラーに会って、(脚本について)教えてもらう予定です。」

2019年7月1日現在、マーベル・スタジオは『ブラックパンサー』続編の存在を公式には発表していない。ただし、ケヴィン社長が『ブラックパンサー』続編について公に発言したことは、続編の遠からぬ実現を示唆するものといえそうだ。以前の報道では、ライアン監督は脚本を2019年に執筆、2019年後半から2020年前半の撮影開始を目指していると伝えられていた。脚本作業は予定通りに行われているようだが、これからプロジェクトがどのように進行していくかは分からない。

『ブラックパンサー』続編といえば、ファンの間では、前作でマイケル・B・ジョーダンが演じた悪役エリック・キルモンガーの“再登場説”が時折ささやかれているところ。しかしケヴィン社長は、これについて「ただの噂や予想です」と回答。否定こそしなかったが、あくまで作業は初期段階であり、何かを明かせるタイミングでないことを強調した格好だ。

ちなみに主演を務めるチャドウィック・ボーズマンは、2019年4月の時点で、ライアン監督から続編の内容を聞かされていることを明らかにしていた。「(何も)言えないんですよ。僕が思っていることも言えません。もし言ってしまったら、何かをバラすことになってしまいますから」。

あわせて読みたい

Source: BET

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly