マーベル最強ヒロイン、映画『キャプテン・マーベル』にブリー・ラーソンと女性監督が絶対必要な理由

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新ヒーローといえばベネディクト・カンバーバッチ扮するドクター・ストレンジだが、実は今後、さらに強いスーパー・ヒロインが登場する。2019年公開予定の映画『キャプテン・マーベル』で初めて登場する同名の新ヒロインは、MCU史上最強のキャラクターだというのだ。

『キャプテン・マーベル』でタイトル・ロールを演じるのは、『ルーム』でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。カンバーバッチにつづき有名スターがスーパーヒーロー/ヒロインを演じるとあって、早くも話題が集まっている。監督は未定だが、マーベル・スタジオは女性監督を起用する方向だ。


以前より、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は『キャプテン・マーベル』にはブリー・ラーソンと女性監督が必要だと強調してきた。バラエティ誌のインタビューでは、その内容が少し具体的に語られている。

マーベル社長『キャプテン・マーベル』主演のブリー・ラーソンは「すべてを兼ね備えている」と絶賛!『インフィニティ・ウォー』には参戦せず!

マーベル・シネマティック・ユニバースが包み込む多様性

ここ最近のアメコミ、およびアメコミ映画には、常に人種や性別などの多様性(ダイバーシティ)を作品に取り入れることが要求されてきた。自社作品の役割について、ファイギ社長はこう語っている。

――業界では多様性の受け入れについて多くの議論があります。マーベルにも、有色人種や女性、その他の集団に対する機会を用意する役割があると考えますか?

ファイギ: もちろん。コミックは常に進化していて、これまであらゆる文化や民族性を紹介してきました。その精神に忠実でありたいんです。『ブラック・パンサー』や、ブリー・ラーソンが主役を演じる『キャプテン・マーベル』では、カメラの前後に多様性を確保することが大切なんですよ。

――『キャプテン・マーベル』に女性の監督を起用することが重要なのですか?

ファイギ: そう、圧倒的に強いヒーローでもある女性の物語を指揮する、女性の監督を得ることは非常に重要なんです。

『キャプテン・マーベル』を手がける監督は夏にも発表される予定だったが、現在、脚本の都合で発表は見送られている。以前は有力候補として、『クジラの島の少女』のニキ・カーロ、『マッドメン』『HOMELAND』などテレビドラマ出身のレスリー・リンカ・グラッター、『エンド・オブ・ザ・ワールド』のローリーン・スカファリアの3名が報じられた。

注目すべきは、ファイギがキャプテン・マーベルを「圧倒的に強いヒーローの女性」ではなく「圧倒的に強いヒーローでもある女性」だと語ったことだ。その理由こそ、主演にブリー・ラーソンが起用された理由に直接つながっているのである。

――なぜブリー・ラーソンが(キャプテン・マーベルに)ピッタリなんですか?

ファイギ: キャプテン・マーベルは、我々の作品にこれまで登場しなかったレベルのパワーを持っています。だからバランスを取らなきゃいけないんです。人間らしくて、親しみやすくて、観客が共感できる人物を探すことでね。彼女が空を飛んで太陽を横切ったり、宇宙船を出て月にパンチしたりするのを楽しんでほしい。だから彼女には地に足の着いた、共感できる弱さが必要なんです。

キャプテン・マーベルの初登場はしばらく先だが、ドクター・ストレンジにつづく重要人物の参戦だけに、マーベル・スタジオも相当気合いが入っているのだろう。しかし、これまでに多くのヒーローを映画化してヒットさせてきただけに、今回もきっと自信があるのではないかとは思われるが……。

ファイギ: 今まで作ったすべての映画の、すべてのキャラクターの、すべてのシーンを不安に感じてました。だから初めての試写でシートに座ると吐き気がするんです。発表したものはすべて好きになってもらえる、なんて思うのは傲慢ですからね…。

source: http://variety.com/2016/film/news/marvel-kevin-feige-interview-spider-man-captain-marvel-diversity-1201923851/
Eyecatch Image: http://screenrant.com/brie-larson-captain-marvel-mohawk/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。