Menu
(0)

Search

サム・ライミ監督作の常連ブルース・キャンベル、『ドクター・ストレンジ』続編への出演に意欲示す

Photo by Gage Skidmore

『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督によるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』への出演に、ライミ作品の常連俳優ブルース・キャンベルがさっそく意欲を示しているようだ。

2020年4月15日、ライミが本作の監督に正式に就任していることが判明。その情報を耳にしたブルースは、Twitterでこの報道を引用する形で出演への意欲を示唆した。

「ふむふむ。間違いなく、優れた医者に挑戦する“何かしらの”キャラクターが必要に違いないな……」

ブルースとライミは仕事仲間という関係に留まらず、中学校からの親友かつ共に自主映画を撮ってきた盟友でもある。ブルースは、ライミの代表作『死霊のはらわた』シリーズで主演を務めており、その他ほとんどのライミ作品にも登場。トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』3部作では、それぞれ違う役でカメオ出演も果たしている。ブルースが本当に出演を希望しているのであれば、その実現はライミ次第ということになるのだろうか。

ベネディクト・カンバーバッチ主演『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編となる本作からは、2020年1月、前作を手がけたスコット・デリクソンが「創作上の相違」を理由に監督を降板。2月上旬、後任者としてライミが契約交渉に入ったことが報じられていた。デリクソンは、製作総指揮として企画に残留している。

映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』は2021年11月5日に米国公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly