Menu
(0)

Search

サム・ライミ監督作の常連ブルース・キャンベル、『ドクター・ストレンジ』続編への出演に意欲示す

Photo by Gage Skidmore

『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督によるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』への出演に、ライミ作品の常連俳優ブルース・キャンベルがさっそく意欲を示しているようだ。

2020年4月15日、ライミが本作の監督に正式に就任していることが判明。その情報を耳にしたブルースは、Twitterでこの報道を引用する形で出演への意欲を示唆した。

「ふむふむ。間違いなく、優れた医者に挑戦する“何かしらの”キャラクターが必要に違いないな……」

ブルースとライミは仕事仲間という関係に留まらず、中学校からの親友かつ共に自主映画を撮ってきた盟友でもある。ブルースは、ライミの代表作『死霊のはらわた』シリーズで主演を務めており、その他ほとんどのライミ作品にも登場。トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』3部作では、それぞれ違う役でカメオ出演も果たしている。ブルースが本当に出演を希望しているのであれば、その実現はライミ次第ということになるのだろうか。

ベネディクト・カンバーバッチ主演『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編となる本作からは、2020年1月、前作を手がけたスコット・デリクソンが「創作上の相違」を理由に監督を降板。2月上旬、後任者としてライミが契約交渉に入ったことが報じられていた。デリクソンは、製作総指揮として企画に残留している。

映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』は2021年11月5日に米国公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly