Menu
(0)

Search

マーベル・エンターテインメント C.B.セブルスキー氏インタビュー ─マーベル採用舞台裏、若手アーティストへの助言まで

マーベル 副社長 C.B.セブルスキー氏 インタビュー

とてもスペシャルなインタビューが実現した。

2017年4月7日(金)、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、マーベル史上最大規模の大型総合展マーベル展 時代が創造したヒーローの世界(以下マーベル展)』がオープンこれに合わせ、マーベル・エンターテインメント、シニア・バイスプレジデント&エグゼクティブ・エディター、トム・ブリーヴォートと、同社バイス・プレジデント、アジアにおけるブランド管理&開発担当のC.B.セブルスキーの両氏が来日。「マーベル展」プレオープン日の4月6日(木)にはプレスツアーが催され、両氏と共に会場を巡ることができた。その時のレポートはこちらから。

マーベル社バイス・プレジデントと巡る『マーベル展』徹底解説ガイド!『ホームカミング』劇中小物、コミック生原画まで全力レポート!

そしてこの度、両氏に1名ずつインタビューさせて頂くという、特別な機会を得ることができた。本記事でお届けするのは、C.B.セブルスキー氏へのインタビューだ。

セブルスキー氏といえば、2016年12月に開催された『東京コミコン』の際にも来日されており、日本カルチャーへの深奥な理解と尊敬を示しながら、「日本には優れたストーリーテリングの伝統があり、語るべき物語があるのだから、もっと世界に向けて発信すべきでは」と目の覚めるような語りで大きな反響を呼んだ。

あれから約4ヶ月が経った2017年4月、こうして直接対談させて頂き、改めてセブルスキー氏の深く大きな日本愛と、マーベルの持つ素晴らしい魅力に気付かされた。たっぷりお楽しみ頂きたい。

 


アーティストなら、自分のPRも大切です!SNSでの採用活動を通じて

中谷セブルスキーさんはTwitterを通じてアーティストを見つけ、そのまま採用に至ることもあるそうですね。こういったSNSを使った人事採用活動はアメリカでは普通だったりするんですか?

セブルスキー氏はい。今やより多くのアーティストたちがソーシャルメディアを利用しています。私は、いつも若いアーティストにこうアドバイスしています。“どれだけあなたにアートの才能があろうが、誰にも見られないなら何の意味も無い”、と。また、私は大学で講演することもあるのですが、若者たちにこう伝えています。”アートに集中してください。そして、自分自身のマーケティング・マネージャーになることも絶対に忘れてはいけません”

あなたは、自分自身のPRをしていかないといけない。どれだけ才能があっても、それを外の世界に発信しなければ、誰にも発見されずに終わります。アーティストには、残念ながらそれが得意でない人もいます。頭の中で考え込み、目の前のことに集中しすぎるあまり、その外側で自分を表現することができなくなってしまう。まるで、暗闇の中でひとりで絵を描いているようなものです。そこから抜け出してください。

今や、以前ほどコンベンションに売り込む必要もありません。作品を見せるなら、パソコンやスマホでも出来るんですからね。

もちろん、今でもコンベンション経由でアーティストを発掘しています。例えば、2016年12月の東京コミコンでは、3人のアーティストを採用しました。SNSのプロフィールだけでは、やはり人となりまではわかりません。一緒に座って、相手の眼を見ながら”これを描くのにどれくらいかかったんですか?”と聞けば、その人についていろいろなことがわかります。このあたりは人と人としての感覚ですかね。そういうわけで、今でもコンベンションでアーティストを発掘しています。

マーベルの製作に関わる人間は、毎月世界で1,500人?

中谷アーティストと会うためにアジア中を飛び回っているんですよね。

セブルスキー氏日本からシンガポールまで、それが私の担当地域です。

中谷日本人アーティストとは英語でやりとりをしているんですか?

セブルスキー氏半々ですね。何人かの方は少し話せます。あまり英語が得意でない方は、通訳さんやマネージャーさんと話す場合もあります。マーベルでの仕事は、コミュニケーションから脚本まですべて英語オンリーですから。

中谷しかし、世界各国のアーティストたちとコミュニケーションを取り続けるなんて、凄すぎますよね(笑)。一体どうやっているのですか?

セブルスキー氏そうですね、まずマーベルからは毎月80冊のコミックが発売されます。それぞれのコミックには6人の担当チームがついているので、全部で480人の人間がいます。2冊を同時進行することもあるので、2倍して約1,000人に上ることもあります。
この数字にはビデオゲームのデザイナーやカバー・アーティスト、グラフィック・デザイナーは含んでいませんから、それらもひっくるめると、毎月1,500人ほどの人々と仕事を共にしているということになります。それも世界中、フィンランド、サンパウロ、メキシコに東京、ジャカルタ。アーティストがあちこちにいるんですよね。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly