Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『キャプテン・マーベル』スプリーム・インテリジェンスの秘密、コミックとの関係 ─ 「大切だったのは、物語をどう描くかということ」

キャプテン・マーベル
© 2019 MARVEL Supplied by LMK 写真:ゼータイメージ

全世界大ヒット上映中のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『キャプテン・マーベル』には、たくさんのサプライズが隠されていた。本記事では、スプリーム・インテリジェンスと“あるキャラクター”の秘密について解説したい。

この記事には、映画『キャプテン・マーベル』のネタバレが含まれています。


キャプテン・マーベル
ⒸMarvel Studios 2018

マー=ベルの性別変更、その理由とは

『キャプテン・マーベル』最大のサプライズの一つは、アネット・ベニングが演じるウェンディ・ローソンがマー=ベルという名のクリー人だったこと。原作となったマーベル・コミックの世界では、マー=ベルは「初代キャプテン・マーベル」として知られる男性ヒーローなのだ。

コミックにおいて、クリー帝国が地球に送り込んだスパイだったマー=ベルは、クリー帝国を裏切り、地球でヒーロー活動を行うようになる。その後、アメリカ空軍士官のキャロル・ダンバースと出会い、キャロルがスーパーパワーを得るきっかけとなった事件にも関わるのだ。マー=ベルと恋人関係になったキャロルは「ミズ・マーベル」としてヒーロー活動を行い、マー=ベルの死後、彼に敬意を示すためキャプテン・マーベルの名を名乗ることになる。

キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルの誕生に欠かせない人物であるマー=ベルは、それゆえ映画版にも男性という設定を維持したまま登場するものと思われていた。メディアやファンの間では、悪役ヨン・ロッグを演じたジュード・ロウがマー=ベル役ではないかと長らく噂されていたほどである。実際に企画の最終段階まで、製作チームもマー=ベルは男性が演じるものとして考えていたようだ。

キャプテン・マーベル
ⒸMarvel Studios 2018

「マー=ベルを演じる男性俳優の候補についてディスカッションを重ねていたんです。特定の誰かがいたわけではありませんが、リストを作り始めていました。で、正直に言うと苦戦していたんです」と語るのは、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長だ。「そんな時、アンナ(・ボーデン共同監督)が脚本ミーティングで、“キャロルが見る幻影、スプリーム・インテリジェンスをマー=ベルにするのはどうか”と提案してきたんです。アネットを起用する直前に出てきたアイデアでしたね。企画開発の最終段階でしたし、脚本が完成版に近づく中で行われた数少ない改変の一つでした。アナのひらめきに“もちろん!それ最高!”と言って、他の俳優を探すのをやめたんです」。

アイデアを提案したアンナ監督もまた、当時のエピソードを振り返っている。

「脚本の執筆も締めくくりのころ、ある朝、このアイデアが思い浮かんだように思います。ライアン(・フレック共同監督)に“(スプリーム・インテリジェンスとマー=ベルを)同じ俳優に演じてもらうって、頭おかしいかな?”ってメールしました。彼は“うん、おかしい。だけど、マーベルにすぐその話をした方が良いよ”って。最後にいきなり出てきたアイデアだったんですけど、色々な要素をまとめ上げる大きな役割を果たした気がしますね。これ以外の方法では難しかったと思います。」

キャロルのメンターであるウェンディ・ローソン/マー=ベルと、“見る者がもっとも信頼・尊敬する者の姿で現れる”クリー帝国のA.I.スプリーム・インテリジェンス。二つのキャラクターを同じ俳優が演じることで、マー=ベルの性別は女性へと変更され、そして物語は強い一貫性を生むことになった。ファイギ社長は、マー=ベルが女性であることがキャロルのオリジン・ストーリーに大きな影響を与えていると述べている。

「とにかく大切だったのは、物語をどう発展させるかということ。キャロル・ダンバースの成長、ヒーローとして覚醒する様子をどのように描けば最高の状態になるか。そう考えた時、キャロルに女性の親友、女性のメンターがいることが重要だと感じたんです。」

ウェンディ・ローソン/マー=ベルとスプリーム・インテリジェンスという全く異なる二つの難役を任されたアネット・ベニングは、『アメリカン・ビューティー』(1999)や『20センチュリー・ウーマン』(2016)など数々の名作に出演する演技派女優。ライアン監督は「アネットは優れたメンターとしての素質を持っていると共に、どちらの役にも必要なタフな精神を持ち合わせていました。スプリーム・インテリジェンス役にふさわしい、王者のように堂々とした風格も備えた一方、カジュアルでかっこよく、リラックスしたラーソンも表現することもできたんです」とコメント。ベニングという女優の存在によって、二役を一人の俳優が演じるというアイデアが実現したのだと絶賛を贈っている。

こっちもサプライズ

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)より全国公開中。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Sources: Entertainment Weekly, Entertainment Tonight, The Wrap

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly