Menu
(0)

Search

『キャプテン・アメリカ4』就任の「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」脚本家、「直接聞くまで信じない」と関与否定

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

2021年4月23日、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の最終話が配信された後に、『キャプテン・アメリカ』シリーズ第4弾(タイトル未定)の製作が伝えられた。この時、脚本として「ファルコンウィンター・ソルジャー」の製作総指揮とチーフライターを兼任したマルコム・スペルマンが就任すると報じられたが、スペルマン自身、マーベル・スタジオから直接何も聞いていないという。

報道によれば、第4作は「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で描かれたアンソニー・マッキー扮するサム・ウィルソンのストーリーが継続されていく可能性が高いとのこと。これを裏付けるかのように、スペルマンの就任が伝えられた。もっとも、米Comicbookの取材に応じたスペルマンは「それは誰が言ったのでしょう?ケヴィン(・ファイギ)ですか?」と第4作への関与を否定しており、「彼(ファイギ)から直接聞くまでは何も信じません」と語った。

ストーリー上、『キャプテン・アメリカ』シリーズ第4作への出演が期待されているサム役のアンソニー・マッキーも、企画は耳にしていなかった模様。米Entertainment Weeklyにて、マッキーは「食料品店で知ったんです」と明かしているのだ。「ドウェインっていうイカした帽子を被ったレジの男性が、“あの、これホントですか?”ってスマホを見せてきて。それで“何も聞いてないですよ”って答えました」。

「そこがマーベルの大好きなところなんです」と続けるマッキー。「“LAに来てくれないか。今の進捗を伝えたいから”って電話がかかってくるんです」と、秘密主義で知られるマーベル・スタジオでの慣習を明かす。第4作への関与をひとまず否定したスペルマンも、「これでマーベル・スタジオの製作プロセスが分かったでしょう」と発言。「彼らはまず、最高のものを作ってほしいんです」「まずは作ってから、それが (MCU)にハマるかどうかを検討しているんです」と、マーベル・スタジオについて話している。両者ともに、マーベル・スタジオから直接伝えられていないことに焦りは無いようだ。

ちなみに、全6話の配信を終えた「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の今後については定かでない。2021年4月中旬には、バッキー役のセバスチャン・スタンが、シーズン2に関する話し合いは行われていないと明かしていた。その一方で、本シリーズがエミー賞のドラマ・シリーズ部門に提出される見込みであることから、シーズン2製作の気運が高まってきているという報道もなされている。

あわせて読みたい

Source:Comicbook,Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly