Menu
(0)

Search

ベネディクト・カンバーバッチ、サノス役ジョシュ・ブローリンと共演叶わず ― 両者多忙、スケジュール合わずか

ベネディクト・カンバーバッチ ジョシュ・ブローリン
[左]Benedict Cumberbatch https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28059440914/ [右]Josh Brolin https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14609924158/ All Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーにて、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチサノス役のジョシュ・ブローリンは残念ながら共演することができなかったようだ。各地のプロモーションにてベネディクトが明かしている。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレと捉えうる内容、および『ドクター・ストレンジ』(2016)のネタバレが含まれています。

ドクター・ストレンジ
Photo by DAVID HOLT ( https://www.flickr.com/photos/zongo/30548539612/ ) / Remixed by THE RIVER

―――

――

ドクター・ストレンジ&サノス、対面シーンでも共演ならず

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でベネディクトとジョシュが共演できなかった……とはいえ、どうやら劇中で二人は対面を果たすことになるようだ。それもそのはず、ドクター・ストレンジの首元にはサノスの求めるインフィニティ・ストーンのひとつ、タイム・ストーンが掛かっているのである。

英Radio Timesのインタビューにて、ベネディクトはサノスとの共演シーンについて語った。そのきっかけは、多忙のベネディクトに代わって、本作にドクター・ストレンジの代役俳優がキャスティングされたという話題である。2017年1月、撮影の一部に俳優アーロン・ラザールがドクター・ストレンジ役として参加し、のちにベネディクトが再撮影で演じ直すと伝えられたのだ。しかしベネディクトは、本件について明言を避けつつ、むしろサノス役のジョシュに代役が立てられていたことを明かしている。

「ジョシュは(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の現場に)あまりいなかったんですよ。ほかの仕事があって、多くの俳優とはたくさん共演できなかった。彼は『デッドプール2』を撮ってたんだと思います、僕も『カレント・ウォー(原題:Current War)』や『パトリック・メルローズ(原題:Patrick Melrose)』を撮っていましたしね。」

またシンガポールのレッドカーペット・イベントにて、ジョシュとの共演について尋ねられたベネディクトは「僕は会ってないんです」と答えている。おそらくストレンジとサノスの対面シーンは、終始ジョシュ不在で進められたということだろう。

しかし複数の証言を考え合わせると、「ジョシュがあまりいなかった」というよりも、ベネディクトとジョシュのスケジュールがことごとく合わなかったという可能性の方が高そうだ。
なぜならジョー・ルッソ監督は「撮影現場でたくさん仕事をしてくれました」と前述のイベントで語っているほか、2017年7月には、ジョシュ本人もヒーローたちと対面してサノスを演じられることを「とても楽しい」と話していたのである。多くの出演者がジョシュの演技にコメントしていることを鑑みても、おそらくベネディクトが不運だったのではないだろうか……。

ちなみにアンソニー・ルッソ監督は、豪華スターが夢の共演を果たす本作について、「撮影中ずっと全員を拘束したらハリウッドが回らなくなってしまう」述べていた。パズルのようなスケジュールを乗り越えて作り上げられたという本作、実際には共演していない俳優たちが画面上に共存するシーンも少なくないのかもしれない。ぜひそのあたりも頭に入れつつ…とはいえ、そんな余裕をもってこの映画に臨める人はそう多くなさそうだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Sources: RadioTimes, Marvel Singapore
Eyecatch Image: [左]Benedict Cumberbatch [右]Josh Brolin All Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly