Menu
(0)

Search

「デアデビル:ボーン・アゲイン」製作決定、2024年春配信 ─ チャーリー・コックスらNetflix版から続投

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551000839283585024

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作ドラマシリーズデアデビル:ボーン・アゲイン(原題)」が、2024年春にディズニープラスで配信されることがわかった。2022年7月23日(米国時間)、マーベル・スタジオがサンディエゴ・コミコンで発表した。

デアデビルのドラマシリーズが製作されるのは、Netflixによる「Marvel デアデビル」(2015-2018)以来。ディズニープラスに満を持しての移籍となる本作には、デアデビル/マット・マードック役のチャーリー・コックスキングピン役のヴィンセント・ドノフリオが前シリーズから続投する。なお米Colliderによると、シリーズは全18話構成になるということだ。

ディズニープラスでの「デアデビル」再ドラマ化は、2022年5月に米Varietyが第一報を伝えていたもの。脚本・製作総指揮には「コバート・アフェア」(2010-2014)を手がけたマット・コーマン&クリス・オードが就任していると報じられていた

なお「ボーン・アゲイン」というタイトルは、フランク・ミラー&デビッド・マツケリーによる傑作コミック『デアデビル:ボーン・アゲイン』(ヴィレッジブックス)をそのまま踏襲したものだろう。新天地でどんな物語が描かれるかを楽しみにしたい。

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン(原題)」は2024年春にディズニープラスで独占配信予定。

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly