『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にダース・ベイダーがカメオ出演を果たそうとしていた ─ マーベル社長、スター・ウォーズへのこだわり明かす

2014年公開のマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に、『スター・ウォーズ』ダース・ベイダーが”カメオ出演”を果たそうとしたことがわかった。マーベル・スタジオの社長、ケヴィン・ファイギがMashableのインタビューでその構想を明かしている。

“スター・ウォーズ・オタク”としても知られるファイギ氏の説明によると、同作へのダース・ベイダー登場は「ピーター・クイルが地球からやってきた人間であることを明示するため」だ。同氏の頭の中では、ベイダー卿登場の具体的なプランも練られていた。

「宇宙船に乗った男がエイリアンのキャラクターと話していて、カバンをひっくり返したらダース・ベイダーのアクション・フィギュアが落ちてきて、エイリアンが拾い上げて”何だコレ?”って言うんだ。世界一最高なシーンになるぞと、長い間本気で考えていたよ。」

ケヴィン・ファイギは『スター・ウォーズ』を”小ネタ”として取りあげるアイデアを、2009年にディズニーがマーベル・エンターテインメントを買収する前から抱いていたという。しかし『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでは今のところ、続編の『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス』(2017)でもスター・ウォーズに関連する”小ネタ”は登場していない。これは”大人の事情”などではなく、もっと健全で納得できる理由によるものだ。同氏がベイダー卿登場のアイデアをジェームズ・ガン監督に持ちかけると、こんな提案があった。

「長い話を短く言うとね、ジェームズ・ガンは“もっといいアイデアがあります。彼がウォークマンを持っていて音楽を聴いている、っていうのはどうですか?”と言ったんだ。あぁ、そっちの方が100万倍良いなと思ったよ。何故なら、スター・ウォーズ・ネタを持ち出すのは一瞬で終わる”オタク”ネタだけど、どう考えても”音楽好き”という方が映画全体を再定義できるからね。

『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』もその一部を担うマーベル・シネマティック・ユニバースの世界には『スター・ウォーズ』の映画シリーズが存在するものとされている。『キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー』(2014)では現代に蘇ったスティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカが世情を学ぼうと取っていたノートに”Star Wars”と書き記されていたほか、『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016)ではスパイダーマンが『帝国の逆襲』の名を出しながら同作のシーンをオマージュする場面があった。また、2017年8月11日に日本公開の『スパイダーマン:ホームカミング』では、主人公ピーター・パーカーの親友ネッドが『デス・スター』のLEGOブロックを手にしている場面がある。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』主人公ピーター・クイルは、『リミックス』劇中では人気ドラマ『ナイトライダー』(1982~86)の主人公マイケルを演じたデヴィッド・ハッセルホフの名を言及していた。ピーターが地球から誘拐された1988年時点で『スター・ウォーズ』は『エピソード6 / ジェダイの帰還』(1983)の公開を終えており、地球で絶大な人気を集めている。彼がスター・ウォーズのファンであっても不思議ではないばかりか、高確率で同シリーズのファンであるはずだ。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『スター・ウォーズ』の親和性を明かしたケヴィン・ファイギだが、いつかアベンジャーズらがニック・フューリーをジェダイ・マスターと見間違えないことについて言及することがあるのかもしれない…。

Source:http://mashable.com/2017/06/28/guardians-of-the-galaxy-darth-vader-toy/
Eyecatch Image:https://www.amazon.co.jp/dp/B06XT8ZXM1/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_W2dvzbB9W332P

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。