Menu
(0)

Search

『デッドプール3』ディズニーで始動 ─ ライアン・レイノルズ続投、脚本家も決定

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

米ディズニーが、『デッドプール』映画第3作の企画を始動させていたことが明らかになった。Deadlineが伝えた。

『デッドプール』はマーベル・コミックの人気キャラクターを単独映画化したもので、2016年に第一作が、2018年に続編『デッドプール2』が公開された。20世紀FOX(当時)の『X-MEN』シリーズのスピンオフという位置づけで、劇中にはX-MENのキャラクターのカメオ出演もあった。

米ディズニーが2019年に20世紀フォックスを傘下に収めたことにより、『デッドプール』続編の計画は不透明になっていた。とりわけ、R指定の過激な描写がウリの『デッドプール』の世界観と、ディズニー・ブランドとの親和性が懸念されていた。

この度報じられたところによると、ディズニーは過去一ヶ月にわたって、一部の脚本家らから次回作のピッチ(プレゼン)の場を設けており、ライアン・レイノルズも同席していたという。そこで白羽の矢が立ったのは、ウェンディー・モリノーとリジー・モリノーという姉妹。コメディ・アニメ「ボブズ・バーガーズ」でエミー賞ノミネートの常連で、2017年にはアニメーション番組賞も獲得している。

『デッドプール2』はデヴィッド・リーチが監督を務めたが、同氏は『マトリックス4』アクション監修や伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』実写映画の監督、ライアン・ゴズリングとの映画など多忙。『デッドプール3』製作時期は不明のため復帰の可能性はあるものの、脚本家探しの場にリーチがいなかったらしいことを考えると、第3作へは戻らないのではないかとDeadlineは見立てている。

『デッドプール3』の実現は、マーベル・ファンにとって重要だ。これは、20世紀FOX買収後、初めて旧『X-MEN』系列映画作品の具体的な進捗として知らされたニュース。マーベル・シネマティック・ユニバースとの合流が期待される旧『X-MEN』ユニバースだが、“第四の壁”を超えるデッドプールをもってすれば、思わぬ形でのコラボレーションが期待できるかもしれない。なお、『デッドプール3』も変わらずR指定として検討されているとのことだ。

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly