Menu
(0)

Search

『デッドプール』第3作、R指定でMCU入りへ ─ 撮影時期は「今年ではない」、マーベル社長が認める

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ライアン・レイノルズ主演、映画『デッドプール』シリーズ第3作が、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品として製作されることがわかったマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギが明かしている。

『デッドプール』は、マーベル・コミックの人気キャラクターを単独映画化したもので、2016年に第1作が、2018年に続編『デッドプール2』が公開された。2020年11月には、第3作の企画がディズニーで製作されることが正式に発表。主演を務めてきたライアン・レイノルズが続投すること、脚本家としてエミー賞ノミネート歴のあるウェンディー・モリノーとリジー・モリノーという姉妹が起用されたことがわかっていた。

このたび、ファイギ社長が米Colliderに話したところによれば、現在『デッドプール』第3作はR指定の作品として、レイノルズの監修と共に脚本執筆の段階にあるとのこと。また、撮影時期についても言及したファイギ社長は、「今年には行われません」と2022年以降の開始を示唆した。「ライアンはとても忙しくて、成功した役者ですので。今やらなければいけないことはこれまでに発表済みですが、それを始められるのが楽しみです」。

また、米ディズニーが『デッドプール』の製作を務める20世紀フォックスを2019年に傘下に収めたことにより、第3作がMCU作品となるのか、あるいは同ユニバースからは独立したものになるのか、いわば第3作の立ち位置についても取り沙汰されてきた。ファイギ社長はこれについても言及。ライアン演じるデッドプールを「MCUで全く違うタイプのキャラクター」と形容し、『デッドプール』のMCU入りを正式に認めた。「ライアンは計り知れない力を持つ存在ですから、彼がキャラクターをどう生き返らせるかを見られるのは素晴らしいことです」。

ファイギの発言ののち、主演のライアンが自身のSNSで反応。Twitterでは「公表:僕は、『スパイダーマン』第1作と第2作を制作陣に見せて、それが『デッドプール』の第1作と第2作なんだと言ったんですよ」、Instagramでは「対処すべき最初の議題:バンビの母親を殺した奴を探し出すこと」と綴っている。

あわせて読みたい

Source:  Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly