Menu
(0)

Search

『デスノート』実写ドラマ化決定、「ストレンジャー・シングス」ダファー兄弟が参加

Death Note/デスノート
Netflix

大場つぐみ原作・原案、小畑健が作画を担当した日本発の漫画『DEATH NOTE(デスノート』が、Netflixより実写ドラマ化されることが決定した。本企画は、Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)の監督および脚本、そしてクリエイターのダファー兄弟が立ち上げた製作会社「Upside Down Picture」によるもの。米Deadlineが報じている。

原作となる漫画『DEATH NOTE』は、名前を書かれた者が死ぬという効力を持つノート、“デスノート”を手に入れた主人公の夜神月と、Lという名探偵たちによる頭脳戦を描いた物語。2006年の連載終了を経て、同年には藤原竜也&松山ケンイチ主演による実写映画版が製作され、それにつづきアニメやドラマ版などさまざまな形で映像化されてきた。2017年には、Netflixによるハリウッド実写映画版も製作されている。

このたび発表された新実写版について明かされている情報は少ないが、Netflixにて配信中の映画版とは関連性を持たない作品になるとのことだ。2017年の映画版では、“デスノートに名前を書かれた者は死ぬ”という基本設定は継承されたものの、原作では描かれなかった物語や登場人物の特徴など、漫画版から改変された要素が多く見受けられた。ダファー兄弟による新作は果たしてどんな物語となるのだろうか。

ちなみに、かねてより2017年の映画版の続編が進行中とも伝えられており、製作に参加しているマシ・オカは、「僕が言えることは、まだ進行中であるということだけです。まだ何も決まっていません」「ファンの声に耳を傾けており、僕たちの進む方向に彼らが満足してくれることを願っています」と、2021年9月にコメントしていた。こちらの動向にも引き続き注目していきたい。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly