Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』スコット・デリクソン監督、「第3作が製作されるなら復帰したい」と意欲的

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
©Marvel Studios 2022

ドクター・ストレンジ(2016)にてマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に初参加を果たし、監督を務めたスコット・デリクソンが、「シリーズ第3作が製作されるなら復帰したい」と展望を語っている。

デリクソンは続編『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でも再びメガホンを取ることが予定されていたが、2020年1月に監督からの降板を発表。その理由は創造上の違いで、マーベル・スタジオと仲違いしたわけではなく、あくまでも友好的なものと伝えられていた。

その代わりに、トビー・マグワイアが主演した『スパイダーマン』3部作を手がけたサム・ライミが監督に就任したが、デリクソンは製作総指揮として残留。現在もマーベル・スタジオとの関係は続いているわけで、もし第3作が製作されるのであれば、デリクソンは復帰したいと思っているのだろうか。

ファンの一人がTwitterで、その気になる質問をデリクソン本人に投げかけたところ、デリクソンが、「マーベルと仕事をするのは大好きだし、また絶対にやりたい」と前向きな答えを返している。2021年11月にも、同じくファンからMCU映画への監督復帰について質問されていたデリクソンが「どうなるかはわかりません!」と曖昧に返答していたことを考えると、今回の答えは進展していると言えそうだ。

なおデリクソンは、ドラマ版「スノーピアサー」(2020-2022)で製作総指揮に名を連ねており、新作映画『Retrograde(原題)』への関与が発表されたばかり。また、新作映画『When Gravity Fails(原題)』、『Two Eyes Staring(原題)』で脚本を手掛けることも決定しているためスケジュールが殺人的になりそうだが、将来的に『ドクター・ストレンジ』第3作、もしくはMCU作品がプロジェクトに浮上することを期待したい。

デリクソンが製作総指揮を担う『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』、2022年5月4日に日本公開。

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly