Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』監督、続編降板の理由が一部判明

スコット・デリクソン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48470901031/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』は、前作を手がけたスコット・デリクソン監督ではなく、『スパイダーマン』シリーズで知られるサム・ライミが監督を務める。2020年1月、デリクソンは監督を降板し、製作総指揮としてのみ企画に残留することが決定したのだ。

ドクター・ストレンジ』の脚本家であり、デリクソン監督とは創作面のパートナーであるC・ロバート・カーギルは、デリクソンが『ドクター・ストレンジ』続編を離脱した理由を一部明らかにしている。公表された通り、カーギルも「創造上の相違(creative difference)」があったと述べているが、もうひとつの理由はデリクソン自身の企画『黒電話(原題:Black Phone)』にあったようだ。

「(監督には)自分がやりたい映画があり、マーベルは別の映画を作ってもらいたがっていました。彼は“カーギルと最高の脚本を書いたのにな”と言っていて、僕たちは『黒電話』を別の監督に任せるつもりだったんですよ。だけど、電話がかかってきて、“この映画は僕が撮るべきだ、僕の映画にしたい”と。だから(『ドクター・ストレンジ』続編が)終わるまで待ってもらえないかと言うんです。だから僕は、“それほどの情熱があるなら、そうしよう。数年待ちます”と答えました。」

ここに至るまでには、別の経緯もあった。デリクソン監督とカーギルは『ドクター・ストレンジ』の製作後から続編の構想を練っていたが、二人が実際に脚本作業に関与することはなかったのである。カーギルいわく、「彼(デリクソン)は続編にも僕を参加させようとしてくれましたが、それは叶わなかった」とのこと。そのほかにも、『ドクター・ストレンジ』続編に関しては、監督が妥協せざるを得ない状況が生じていたようだ。

「結局は彼の判断になりました。“やりたかったことに妥協しながら続編を作るか、それとも『黒電話』を作るか”と。その時、僕と一緒に映画を作りたい、『黒電話』を作ろうと思ってくれたということです。彼も公に言っていますが、『ドクター・ストレンジ』から離れるのはつらい選択だったと思いますよ。だけど、作りたい映画があったことが楽にしてくれたんです。」

デリクソン監督とカーギルによる新作映画『黒電話』は、ホラー作家ジョー・ヒルの短編集『20世紀の幽霊たち』(小学館)収録の同名短編に基づくホラー作品。イーサン・ホーク演じる殺人鬼に誘拐され、地下室に監禁された少年のもとに、過去の犠牲者・死者からの電話がかかってくる。ブラムハウス・プロダクションズ&ユニバーサル・ピクチャーズが製作を担当し、2022年1月28日に米国公開予定だ。

『黒電話』の撮影は2021年3月下旬に終了しており、カーギルは「作っている映画にはすごく満足しているし、誇りに思っています」ともコメント。マーベル映画を離れ、ホラー映画という原点に回帰した二人による入魂の一作に期待すべし。

『ドクター・ストレンジ』降板当時の記事

Source: Cinema Blend

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly