Menu
(0)

Search

『名探偵ピカチュウ』バリヤードのシーン、カットされる可能性あった ─ 超困難な映像化のウラ側、パントマイム芸人も参加していた

名探偵ピカチュウ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Pokémon.

ほぼ一人芝居、撮影の困難

ティムとピカチュウがバリヤードを取り調べるシーンの撮影は、事前に想像されていた以上にハードなものだった。ジャスティス以外に現場に存在したのは、椅子とランプ、そしてCGのバリヤードに置き換えられるモーションアクターのみ。彼はバリヤードの約2倍の身長があったため、ジャスティスが目線を合わせて演技ができるよう、腹部にバリヤードの目玉が取り付けられていたという。

ロブ監督は撮影現場の様子を思い返して、「ジャスティスと顔を見合わせて“こりゃダメだ、数秒間のシーンにしよう”と言ったのを覚えています」と語る。「すごく心地の悪い撮影でした。再現しろと言われたら(コダックみたいに)爆発しますね」

実際のところ、監督は編集作業の早い段階からバリヤードの取り調べシーンをカットしようとしていたことを明かしている。ピカチュウやバリヤードを描くアニメーターに気を遣ったのではなく、「絶対に成立させられない」という強い確信があったというのだ。ところが意外なことに、プロデューサー陣がこのシーンを残すことに粘りを見せた。それゆえ監督はシーンの製作を続行し、その結果、思わぬ反応を目の当たりにしたのである。

「(製作中のシーンを)いろんな方々にお見せしたら、みなさん夢中になるんですよ。みんなが大笑いしてくれて、普通じゃない反応でしたね。抜きん出たシーンになったと思います。試写では歓声が上がったんですが、それも変な感じでした。」

ちなみに撮影の段階では「カットされると思っていた」ジャスティス・スミスも、今ではこのシーンについて「大好きなシーンです」と語っている。

『名探偵ピカチュウ』ジャパンプレミア
ピカチュウ役ライアン・レイノルズ&ティム役ジャスティス・スミス ©THE RIVER

バリヤードの型破りなデザイン

アイデアの提案から撮影、完成に至るまで、製作チームの苦労がにじんだバリヤードの取り調べシーンを、ロブ監督は「世界一優秀なアニメーターが愛情を注いだ場面」だと語る。その裏側には、そもそもバリヤードを実写映画に登場させることが困難だったという背景もあった。なにしろ、ポケモンの実写化にあたって製作チームが採用したルールが、バリヤードには適用できなかったのである。

「たとえばピカチュウやフシギダネ、リザードンなんかは、とてもシンプルなキャラクターに現実的なデザインを取り入れています。ピカチュウの場合、(ゲームの)ピカチュウのシルエットに忠実でありたかった。それでいてリアルな毛皮や筋肉、骨格、眼球にしたかったんです。毛皮もシミュレーションによって湿り気を表現していますしね。

(この映画では)ポケモンに命を吹き込むため、あらゆる技術が採用されています。それは僕たちが、現実の物理に基づいてポケモンを描きたかったから。だけど、バリヤードはその手がまったく使えなかったんです。じゃあ、どうすればバリヤードのカートゥーンっぽさを残しつつ、しかも写実的な表現にできるのか。」

そこで監督をはじめとする製作チームは、“バリヤードはパントマイムをするピエロである”というポイントに立ち返った。ピエロは何を着ているのか、肩の球体はゴムボールに近いのか、それともサッカーボールに近いのか。手はどのような質感なのか。細かな部分から着実にデザインを固めていったという。そんな中、やはり苦戦を強いられたのはバリヤードの顔だった。

見ていて不安になる顔と、愉快な顔とは本当に紙一重。だからあれこれ試しましたよ。髪の毛をちょっと足せば、プラスチックっぽい質感にならなくなるんです。だけど、顔の崩れた人間に見えてしまわないよう、皮膚っぽくなりすぎないようにもしました。愉快な顔とも、不安になる顔とも言えるデザインが完成するまで、延々と作業を続けたんです。」

このように、バリヤードの映像化作業は本作でも屈指の難関だったとみられる。しかし『名探偵ピカチュウ』への登場は、そもそもロブ監督がバリヤードというポケモンを非常に気に入っていたため。監督は「ファンの皆さんのためのものを作りたい」との意志で本作を手がけたことを明かしていたが、ある意味では監督自身が一番の大ファンだったわけである。それゆえのこだわりと粘り強さが実を結んだのだとすれば……もしかするとバリヤードこそ、『名探偵ピカチュウ』を代表する“裏の顔役”といえるのかもしれない。

映画『名探偵ピカチュウ』は2019年5月3日(金・祝)より全国東宝系にて公開中

『名探偵ピカチュウ』公式サイト:https://meitantei-pikachu.jp/

Sources: IGN, GameSpot

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly