Menu
(0)

Search

【続報】米ディズニーの21世紀フォックス社買収計画、交渉は今後も継続か ― 米報道

ディズニー

2017年11月6日(現地時間)、米ウォルト・ディズニー・カンパニーが21世紀フォックス社に対して事業の買収を交渉していたことがわかった。買収の主な対象とみられるのは、映画事業(20世紀フォックス)やテレビ事業(FOXネットワークス・グループなど)。このニュースは世界各国の有名メディアでも取り上げられ、大きな話題を呼んだ。

6日に第一報を入手した米CNBCは、10日(現地時間)にさらなる調査結果を報告している。ディズニーと21世紀フォックスの事業買収交渉は完全に終了したわけではないというのだ。

映画界激震の買収交渉、保留か中断か

ディズニーと21世紀フォックスの交渉は、6日の時点でCNBCによって「現在は行われていない」とだけ伝えられており、再開の見込みは不明とされていた。のちに米Wall Street Journalも同様の調査結果を報じるなか、米Bloombergだけが「交渉はこれ以上行われない」との証言を入手したのだった。

しかし10日、CNBCの記者であるデヴィッド・ヘイバー氏は、「鉛筆は置かれていない」としてディズニー・21世紀フォックスが買収交渉を断念していない旨を報じている。以前の情報通り、現時点では交渉こそ行われていないものの、「少なくとも提携の考えが棄てられたわけではないようだ」としているのだ。これが真実ならば、今すぐにではないかもしれないが、機が熟せば交渉が再開される可能性は高いとみられる。

ディズニーによる21世紀フォックス社の事業買収計画は、2018~2019年にディズニーが開始する映像配信サービスに向けてのものとも、マーベル・コミックの権利を一手に集約させるためともいわれているが、真実はわからない。逆にいえば、それだけ複数の理由が予想しうる関係性だということだが……。

Source: https://www.cnbc.com/2017/11/10/pencils-arent-down-on-disney-21st-century-fox-deal.html

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly