Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』ヴィランの一人を演じたスコット・アドキンスが出演を「後悔している」

ドクター・ストレンジ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ドクター・ストレンジ』(2016)にて、ヴィランの一人であるルシアン役を演じたスコット・アドキンスが、同役を演じたことを後悔しているという。本作への参加を何故、今頃になって残念に思っているのだろうか……?

この投稿をInstagramで見る

Scott Adkins(@thescottadkins)がシェアした投稿

本作は、魔術を操る異色のスーパーヒーロー、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)誕生の物語を描いた作品。ルシアン(スコット・アドキンス)は強力な魔力と身体能力を誇る魔術師で、カエシリウス(マッツ・ミケルセン)と共にドクター・ストレンジを地の果てまで追い詰めた人物だ。

The Illuminerdiのインタビューにて、スコット・アドキンスはルシアンについて問われたところ、「私が引き受けた中で後悔している役柄の一つです」と明かしている。とはいえ、決して役柄を気に入っていないというような理由ではないようだ。「マーベル(・シネマティック)ユニバースに参加する機会を逃すことになったので、この役柄を引き受けずに頑張っていれば良かったのにと思っています」。つまり、MCUに既に参加してしまったため、例えば華々しいヒーロー役などを演じることが出来なくなったということだ。

MCUでは、基本的に同じ俳優が別役として復帰することはない。しかし、中には例外もある。例えば、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)には、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)でスティーブ・ロジャースと共に戦った兵士ジム・モリタの孫という設定の校長が登場しており、二つの役柄は共にケネス・チョイが演じているのだ。もしかすると、スコット・アドキンスも別役としてMCUに復帰できるかもしれない……?

あわせて読みたい

Source: The Illuminerdi

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly