Menu
(0)

Search

ドクター・ストレンジ、TVAの存在を認識していたか? 「ロキ」脚本家が回答

ドクター・ストレンジ
Photo by DAVID HOLT https://www.flickr.com/photos/zongo/30548539612/ Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキは、従来のMCUの常識を覆しかねない設定を突如投入した野心作だ。ロキが捕縛された組織・TVA(Time Variance Authority)は、神聖時系列を監視し、予定されていた流れに反する動きを摘発する機関。すなわち、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でヒーローたちが命懸けでつかんだ勝利さえ、すべては“予定されていた流れ”ということになる。

あの時、サノスに勝利する道は「1,400万605分の1」しかないと言い切っていたのがドクター・ストレンジである。至高の魔術師であり、すべてを見通しているドクター・ストレンジは、TVAによって自分たちの運命が監視されていることを知っていたのだろうか。あるいは、ストレンジの師匠であるエンシェント・ワンは?

The Directは、この問いかけを「ロキ」脚本家のマイケル・ウォルドロンに直接ぶつけている。もっとも、ウォルドロンは「僕たちも知りません」と述べ、直接的な返答を避けており……。

「彼ら(ストレンジとエンシェント・ワン)が知っていたら面白いですよね。僕たちのTVAに対する考え方は、カマー・タージの人々が魔法で物事に取り組む一方、TVAは書類仕事で取り組んでいる、というもの。官僚組織だし、もう少し科学に即しているのだと思います。」

かくいうウォルドロンは、「ロキ」に続いて『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(​原題)』でも脚本を担当。すなわち、TVAとカマー・タージ、ドクター・ストレンジをすべて描いた人物なのである。「僕たちも知らない」という言葉を鵜呑みにして良いものだろうか。

いずれにせよ、ウォルドロンのコメントは、MCUにおける“科学”と“魔術”のアプローチの違いを示すものだ。したがって、方法こそ異なるものの、ストレンジがTVAと同じように、“神聖時系列の予定された流れ”を認識していた可能性はある。ただし、TVAが時系列の外部に存在するのに対して、ストレンジはロキと同じく、いわばプレイヤーの一員だ。仮にすべてを知っていたにせよ、流れを予定通り遂行するために尽力するのがストレンジの役目だと考えることもできるだろう。

ともあれ、いよいよMCUにおけるマルチバースの可能性を開拓しはじめた「ロキ」と、タイトルに“マルチバース”を冠した『ドクター・ストレンジ』続編を一人の作家が書いていることは単なる偶然ではないはずだ。時系列をめぐる謎には、きっとウォルドロンによる仕掛けが施されているに違いない。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は配信中。映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』は、2022年3月25日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: The Direct

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly