アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エヴァンスのキャプテン・アメリカ卒業にコメント

2019年公開、映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)をもってキャプテン・アメリカ役を卒業するクリス・エヴァンスに対して、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.がメッセージを送った。2018年10月4日(米国時間)、エヴァンスは『アベンジャーズ』第4作の再撮影・追加撮影を終了。Twitterにて感謝の気持ちを記していた。

「『アベンジャーズ4』の撮影が正式に終了しました。控え目に言っても、感情のこみ上げる一日でした。これまでの8年間、この役柄を演じてきたことを誇りに思います。カメラの前に立つ皆さん、カメラの後ろ側にいる皆さん、そして観客の皆さん、思い出をありがとうございます。心から感謝しています。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)

© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

これに対して、キャプテン・アメリカやエヴァンス自身を『トイ・ストーリー』になぞらえて反応したのがダウニーだった。
以前、ダウニーはトニー・スターク/アイアンマンとスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの関係を『バンビ』(1942)のバンビとファリーンにたとえていたが、エヴァンスは二人の関係を『トイ・ストーリー』のウッディとバズ・ライトイヤーにたとえていたのである。今回、ダウニーは“エヴァンス流”にのっとってメッセージを送ったわけだ。

「この町で本物の保安官はクリス・エヴァンス、みんな知ってる」。この言葉に添えられているのは、アイアンマン&キャプテン・アメリカ風に描かれたウッディとバズのイラストだ。「インフィニティ・ウォー、その後へ(TO INFINITY WAR AND BEYOND)」 とのコメントである。『アイアンマン』(2008)からマーベル・シネマティック・ユニバースの“座長”を務めてきた、そして作中ではエヴァンス演じるキャプテン・アメリカと複雑な人間関係を結んできたダウニーならではのコメントだろう。

 

なおダウニーのコメントに対して、エヴァンスも「この人こそ…」と王冠の絵文字を返している。

なお、これまでエヴァンスのキャプテン・アメリカ卒業に関しては、『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られる“ロック様”ことドウェイン・ジョンソン、『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズがメッセージを送ってきた

映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定

Source: Robert Downey Jr., Chris Evans
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore(1, 2) Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。