Menu
(0)

Search

ドクター・ストレンジ、MCU5作のタイムライン丸わかり ─ これで続編『MoM』も準備万端

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
(c) Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の最新作、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(以降、『MoM』と表記)では色々なサプライズが予告されているが、何といっても楽しみなのは、“ドクター”スティーヴン・ストレンジさん待望の単独映画が帰ってくること。前作『ドクター・ストレンジ』(2016)での鮮烈なMCUデビューからはや6年、今のストレンジは困った立場にある。

『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』(2021)での盛大な“やらかし”をフォローすべく、『MoM』でストレンジは旧友だけでなくティーンにまで力を借りて、過ちを正すことになるようだ。お気に入りの音楽をかけながら手術をしていた頃が、どんなに平和だったことか……!

そんなわけで、本記事では『MoM』鑑賞前の総おさらいとして、ストレンジがMCUで辿ってきたタイムラインをザッとまとめてみた。こうやって振り返ると、紆余曲折を経ながらずっと大変な思いをしてきたストレンジ。『MoM』で彼に平穏は戻ってくるだろうか。

ドクター・ストレンジ、MCUのタイムライン

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
©Marvel Studios 2022

『ドクター・ストレンジ』(2016)

映画『ドクター・ストレンジ』の時系列は、アベンジャーズの内乱が描かれた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の後。天才外科医としてそれなりの社会的地位も得ていたスティーヴン・ストレンジは、学会までの道のりで交通事故に遭い、両手が動かなくなってしまう。どうしても諦めきれないストレンジはあの手この手を尽くすも、最終的に残ったのは空っぽの自分と使い物にならない“神の手”のみだった。

絶望していたストレンジだが、下半身不随から全快したという男のことを耳にし、両手が治る唯一の可能性を秘めた地「カマー・タージ」の存在を知る。そこでは、“至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)”ことエンシェント・ワン率いる魔術師軍団が、地球を「神秘的な脅威」から守っていた。ストレンジはカマー・タージで魔術を修得し、かつて数多の命を救ってきた両手も取り戻すことができた。

しかし、エンシェント・ワンの弟子だったカエシリウスが、宇宙上の全てを支配しようとする暗黒次元の主ドルマムゥと繋がることで、暗黒の力を得ようとしていた。最初こそ自分の手さえ治れば良いと思っていたストレンジだが、死を目前にしたエンシェント・ワンから善の心を見いだされ、他人の為に生きてみることを決意したようだった。

ドクター・ストレンジ
(C)2016MARVEL

その後ストレンジは、ロンドン・ニューヨーク・香港の3箇所にあるサンクタム(聖域)の破壊に走るカエシリウスを阻止するべく、兄弟子のモルド、ウォンと共に戦う。ストレンジは、後に紫色の宇宙人から狙われることになるタイム・ストーンがはめ込まれたアガモットの目を使いこなしながら敵の猛攻に応戦。戦いの中でひらめいたストレンジは、ドルマムゥの元を訪れ、しつこくしつこく取引を持ちかけ、地球から脅威を追い払ったのだった。

ドクター・ストレンジ
(C)2016MARVEL

戦いの後、ストレンジは地球の脅威となりうる外敵を見張り続けることを決断。その足がかりとして、アスガルドのソーと面会し、彼の弟ロキについて尋ねる。脅威の対象であるロキを地球から追い出すため、ストレンジはアスガルドの兄弟が探しているという父親オーディンの行方を追うことに……。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)

ドクター・ストレンジ
(C)2016MARVEL

『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイムラインは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)での戦いから2年後。暗黒次元の力を追い払ったストレンジは間を置かずに、魔術師活動を続けていた。そこで目をつけたのは、悪戯の神ロキ。かつて宇宙人種族チタウリと手を組んで地球侵略を画策した大犯罪者だ。

ロキを誘拐し、ソーをニューヨークにあるサンクタムへと招いたストレンジは、『ドクター・ストレンジ』のポストクレジットシーンで描かれていた通り、地球へやってきたロキの思惑を聞き出し、目的だった父親探しを手伝うことに。

オーディンの居場所がノルウェーであることを告げたストレンジは、書物を漁りソーの髪の毛を引っこ抜き、スリングリングでソーを目的地までエスコート。捕らえていたロキも解放し、本作での役目を終えるのだった。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly