Menu
(0)

Search

『DUNE』続編、レア・セドゥが出演決定 ─ デヴィッド・リンチ版ではカットされたレディ・マーゴット役

Léa Seydou レア・セドゥ
Photo by Nicolas Genin https://commons.wikimedia.org/wiki/File:L%C3%A9a_Seydoux,_Bruno_Todeschini,_Jessica_Hausner_66%C3%A8me_Festival_de_Venise_(Mostra).jpg

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』の続編『Dune: Part Two(原題)』に、『007』シリーズや『たかが世界の終わり』(2016)などで知られるレア・セドゥが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

2021年、観客に圧倒的な映画体験をもたらした『DUNE/デューン』の続編は、2023年10月の米公開を目指して、プリプロダクション(撮影前準備)が進行中。撮影は2022年夏〜秋にかけて開始される予定だ。主演のティモシー・シャラメをはじめとするメインキャストに加え、新キャストとしてオースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、クリストファー・ウォーケンの参加が決定している。

この豪華な面々に、フランスを代表する女優レア・セドゥが参加。セドゥは、フランク・ハーバートの原作小説にも登場するレディ・マーゴットというキャラクターを演じることになる。

マーゴットは、レベッカ・ファーガソン演じるレディ・ジェシカと同じベネ・ゲセリットと呼ばれる女性だけで構成された教育機関のメンバーであり、宇宙皇帝シャッダム4世と親しいフェンリング伯爵の妻でもある。物語の最後まで活躍するキャラクターだが、デヴィッド・リンチ版ではカットされている。

セドゥの参加により、続編のメインキャラクターも揃ってきたと言えるだろう。マーゴットの夫であるフェンリング伯爵役を演じる俳優は定かでないが、仮に登場が予定されているのであれば、発表される日もそう遠くはないはずだ。

映画『Dune: Part Two(原題)』は、2023年10月20日に米公開予定。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly