Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン』続編が正式発表、2023年10月に劇場のみで米公開へ

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「これは始まりにすぎない」。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が新たに手がけたSF超大作DUNE/デューン 砂の惑星』の続編『Dune: Part Two(原題)』の製作が正式に決定した。あわせて、2023年10月20日に“劇場のみ”で米公開となることが判明。米ワーナー・ブラザース/レジェンダリー・ピクチャーズが発表した。(19:00 追記 :ワーナー・ブラザース・ジャパンより、2023年に日本公開されることも発表された。)

2021年9月より世界各国で封切られた『DUNE/デューン』第1作は、34の国と地域で初登場1位を獲得。現時点までに世界興行収入2億2,300万ドルを記録している。製作可否の重要な決め手の1つだったであろうアメリカと中国での封切りから、わずか5日で続編が正式に決定した形だ。

このたびの発表で特筆すべきは、第2作の公開形式について。本国アメリカにおいて、第1作は劇場と米HBO Max配信での同日公開となったが、第2作では劇場のみでの公開となる

米Samba TVによれば、『DUNE/デューン』第1作のHBO Maxでの視聴世帯数は約300万。最高記録を保持している『モータルコンバット』(2021年4月)の視聴世帯数の380万には及ばなかった。しかし、アメリカ国内の劇場興収額で比較してみると、『モータルコンバット』の累計4,220万ドルに対して、『DUNE/デューン』は公開から5日間で4,100万ドル。『DUNE/デューン』の劇場人気がうかがえる。

第2作には、第1作監督・脚本のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が続投する予定。主演のティモシー・シャラメをはじめ、キャストの出演については報じられていないが、揃っての続投が期待される。なお、制作費については8割をレジェンダリー、2割をワーナーが負担する契約で落着しているという。

正式始動にあたり、これまで並々ならぬ熱意を見せてきたヴィルヌーヴ監督は「レジェンダリーからちょうど、『DUNE:Part Two』が正式に始動するという連絡をいただきました」とコメント。「フランク・ハーバートの『デューン』を映像化することは私の夢でした。この夢を後押ししてくれるファン、キャストとクルー、レジェンダリーとワーナー・ブラザースの皆さんに感謝を伝えたいです。これは始まりに過ぎません」と語った。

ちなみに、第2作公開の約3ヶ月前となる2021年7月21日には、『DUNE/デューン』を絶賛していたクリストファー・ノーラン監督の最新作『Oppenheimer(原題)』が公開となる。2023年、映像革命のリーダー2人が映画業界に新たな風を吹き込んでくれるはずだ。

『Dune: Part Two(原題)』は、2023年10月20日に“劇場のみ”で米公開予定。

あわせて読みたい

Source: Deadline,Box Office Mojo

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly