Menu
(0)

Search

マーベル新ドラマ「エコー」撮影開始、初画像が公開 ─ 「ホークアイ」登場のマヤ・ロペス新章

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1526578753379282945

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)新ドラマシリーズ「エコー(原題:Echo)」の撮影が開始されたようだ。マーベルドラマ「ホークアイ」(2021)に登場したエコー/マヤ・ロペスを主人公にした新シリーズとなる。

米マーベル公式Webサイトでは、新鋭俳優アラクア・コックスが再演するマヤ・ロペスのファーストルック画像が公開。呆然としたような表情を浮かべたマヤの姿が捉えられている。

「エコー」ではマヤのオリジン・ストーリーが描かれ、「ホークアイ」でマヤが取った非情な振る舞いが、故郷へ戻った彼女を追い詰めるという。マヤが前へ進むことを望むならば、ネイティブ・アメリカンのルーツと再び絆を見い出して自分の過去と向き合い、家族やコミュニティの意味を受け入れなければならなくなる。

タイトルロールでカムバックするコックスに加え、『トワイライト』シリーズのチャスク・スペンサー、「フロンティア」(2016‐2018)のタントゥー・カーディナル、「刑事カーディナル 過去からの報せ」(2019)のデヴァリー・ジェイコブス、『ウインド・リバー』(2017)のグレアム・グリーン、「ホークアイ」のザーン・マクラーノンらが出演する。

監督を務めるのは、『ディードラ&レイニーの列車強盗』(2017)のシドニー・フリーランド、「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」(2005‐2019)のカトリオナ・マッケンジー。製作総指揮にはマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長、ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソをはじめ、数多くのMCU作品を手がけたスタッフが集結している。

なお、「エコー」の衣装担当者のWebサイト情報により、「Marvel デアデビル」(2015-2018)でヴィランのキングピン/ウィルソン・フィスク役を演じ、「ホークアイ」に同役でカムバックしたヴィンセント・ドノフリオ、デアデビル/マット・マードック役のチャーリー・コックスが登場する可能性も報じられている。

「エコー(原題:Echo)」は、2023年にディズニープラスにて配信開始予定。

Source:Marvel

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly