Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』妹シュリ役レティーシャ・ライト、『アベンジャーズ/エンドゲーム』指パッチンの結果をポスターで知らされていた

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『ブラックパンサー』(2018)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でティ・チャラ/ブラックパンサーの妹シュリを演じたレティーシャ・ライトは、サノスによる指パッチンの顛末をポスターで初めて知ったという。

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

シュリ、長らく生死不明だった

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、ワカンダの地にてヴィジョンの“治療”にあたっていたシュリは、サノスの手下に襲撃されて倒れたまま、二度とスクリーンに登場しなかった。すなわち、インフィニティ・ストーンを手に入れたサノスが“指パッチン”によって全宇宙の生命を半減させた際、多くのヒーローと同じく塵になってしまったのか、生き延びることができたのかは明かされなかったのだ。

あらゆる噂と情報が錯綜する中、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編はシュリの退場を示唆していた。アベンジャーズ本部のスクリーンには、シュリの顔が「行方不明者」として映し出されたのである。次にシュリの運命を知らせたのは、合計32枚のキャラクターポスター。生存者はカラー、塵になったキャラクターはモノクロでデザインされるというコンセプトの中で、シュリのポスターは完全にモノクロだったのである。世界中のファンは、もはやSNSで悲しみの声を上げるほかなかった。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marvel Studiosさん(@marvelstudios)がシェアした投稿




『エンドゲーム』のワールド・プレミアに登場したレティーシャは、自分もシュリのポスターに驚かされた一人だったという事実を明かしている。『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』のアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、出演者にすら物語の展開をすべて明かさないことで知られるが、レティーシャは自分の消滅すら知らされていなかったということなのか……?

「驚きましたよ。みんながカラーのポスターに写っているのを見てから、私がグレーになってるのを見たんですから。“私、いつの間に死んでたの?”って。Twitterに大きな動揺が広がっていたので、私はログアウトして、それからはログインしませんでしたね。どんな展開になるのか、どうやって(ヒーローたちが)切り抜けるのか、観るのを楽しみにしてるんですよ。」

このインタビューで、レティーシャは自分が『エンドゲーム』の内容について知らないことをたびたび強調している。『エンドゲーム』後のマーベル・シネマティック・ユニバースでも重要なポジションを担うであろう役どころだが、彼女にはどんな展開が用意されているのか。すべては劇場で確かめてほしい。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

『ブラックパンサー』続編にも登場予定

Source: Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly