Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/エンドゲーム』アイアンマンの◯◯に秘められた◯◯ ─ なぜ◯◯◯◯だったのか、監督と脚本家が完全解説

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

トニー・スタークという人間の物語

The New York Timesのインタビューにて、脚本家のマルクス&マクフィーリーは、トニーの物語に別の結末を用意することは考えなかったと明かしている。マクフィーリーは『エンドゲーム』について、「トニーの最後の作品になることは誰もが分かっていた」と述べているのだ。しかし、トニーの死はマーベル・スタジオ側が要求したものではなく、あくまで物語上の必然にのっとった結果。マルクスいわく「死なせずに済む良い理由があったなら、そちらの結末を楽しんでもらっていたでしょう」

二人が強調するのは、トニー・スターク/アイアンマンとスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの物語が常に鏡のような関係であることだ。それゆえマクフィーリーは、『エンドゲーム』の結末には「非常に力が入った」と米Fandangoにて語っている。

「MCUを振り返れば、スティーブとトニーは、それぞれ人物として完成するにつれて別々の道を進んでいました。スティーブの物語で大切なのは、自分の人生を見つけるということ。長いあいだ他者のために生きてきたスティーブは、いつになったら自分自身の人生を生きられるようになるのか。利己的でないとはどういうことか、いかにしてその境地に至るのか

その一方、トニーは自分本位のプレイボーイから、他者のために生きる人へと変わっていく。自ら進んで、自分の人生を犠牲にするようになっていくんです。二人の道は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の中盤で交わっていますが、結末にふさわしいのは、トニーが以前(『アイアンマン』)と同じように、自分の意志で、自分の人生を差し出すこと。そしてスティーブは先へ進み、人生を手に入れるということでした。」

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(c)2018 MARVEL

『アイアンマン』ではエゴイスティックな武器商人だったトニーは、自分の命が危機にさらされたことをきっかけに、アイアンマンとしてヒーローの道を進んでいく。自分自身と折り合いをつけながら、時にはエゴイストだと批判されながら、その自己愛すらも武器として、他者のために戦うヒーローになっていくのだ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)や『シビル・ウォー』で見せた、キャプテン・アメリカとの間で妥協できない姿は、その最たるものだっただろう。しかし『エンドゲーム』において、妻や娘との生活を守ろうとしていたトニーは、自分の人生を差し出して、すべてを守ることになる。

USA Todayにて、ジョー・ルッソ監督は「最後にトニーは最大の犠牲を払うことを決断し、そして敵を葬るんです」という。「『アイアンマン』第1作でのトニーと、その最期を見比べてみてください。これは映画史上、最も優れた物語のひとつだと思います」

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly