Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/エンドゲーム』アイアンマンの◯◯に秘められた◯◯ ─ なぜ◯◯◯◯だったのか、監督と脚本家が完全解説

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

アイアンマンへの敬意

もちろんルッソ監督やマルクス&マクフィーリーにとっても、トニー・スターク/アイアンマンの死は簡単に決断できるものではなかったという。ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの最期についても同様だ。したがって物語の結末については、トニー役のロバート・ダウニー・Jr.、ナターシャ役のスカーレット・ヨハンソンとの間で議論が重ねられた。ジョー監督は「二人以上に役柄をきちんと理解している人はいませんから」と中国・贵圈に語っている。

なかでもロバートに対しては、『エンドゲーム』の結末について、事前の提案が行われていた。米The Hollywood Reporterにて、アンソニー・ルッソ監督は当時の様子を振り返っている。

「ロバートこそがMCUを始めた人。そしてトニー・スタークの物語は、MCUにおいて最も長く、おそらくそのすべてに跨っているものです。そんなキャラクターに終わりを用意したいと考えた時、ロバートにも納得してほしいと思いました。MCUに多大なる貢献をしてくださったわけですから。[中略]ロバートは複雑な心境だったと思いますが、最後にはすべてを受け入れてくださいました。」

『エンドゲーム』に携わっている、映画版アイアンマンの生みの親はロバートだけではない。トニーの運転手ハッピー・ホーガン役のジョン・ファブローは、『アイアンマン』と『アイアンマン2』(2010)で監督を務め、『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』では製作総指揮を担った。ファブローは当初、トニーが命を落とすという展開に非常に落ち込み、また悲しんだそう。ルッソ兄弟はファブローに「正しい展開を描けば、物語は強力なものになります。この結末が今の時代には必要だと思うんです」と訴え、最後には理解を得たという。

スパイダーマン:ホームカミング
『スパイダーマン:ホームカミング』© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

こうした経緯があったゆえだろう、ジョー監督は、本作の公開後、結末に対する批判が集まることも覚悟していたようだ。

多くの人がこの結末に満足せず、僕たちに怒りを抱くことは分かっています。ですが、これこそが重要な結末でした。悪が勝利することがあれば、ヒーローが勝利することもあり、栄光のためにヒーローが犠牲になることもある。これこそが人々に力を与える物語であり、希望を描くこと、本当になされるべきことを描くことだと考えています。」




「ヒロイズムを描きたかった」

ルッソ兄弟は米Entertainment Weeklyにて、「本作ではヒロイズム(英雄的行為)について描きたかった」と言い切っている。「ヒロイズムとは、時に全てを賭ける(whatever it takes)行為でもあるんです」。ジョー監督は贵圈のインタビューで、このようにも語った。

「普通、ヒーローの死はすさまじい悲劇だと考えられるもの。けれども私たちは、これはそうではないと考えています。トニーの死が希望を取り戻し、全宇宙の半分を救えたのなら、その死は力強く、また大きな意味があるもの。悲しみや怒りに溺れるべきではないのです。」

しかし、なぜガントレットを装着して指を鳴らすのはトニーだったのか。ソーやスター・ロード、キャプテン・マーベルではいけなかったのか。トニーが命を落とした時、タイム・ストーンで生き返らせることもできたのではないか。ジョー監督は、それはできない決断だったと一貫して述べている。

ドクター・ストレンジが見た1,400万の未来のうち、唯一の希望は、アイアンマンがサノスに近づき、ストーンを手に入れて指を鳴らすこと。もしもアイアンマンを救えば、サノスが勝つという運命も変えられなくなってしまいます。アイアンマンの犠牲は、たったひとつの勝利する道に必要なものでした。」

さらにジョー監督は、「ある意味でトニーは死に向かっていく運命にあり、そのことを彼自身もずっと分かっていたと思います」とも語る。

「なぜならトニーは、宇宙を救わない自分自身を絶対に許すことができないから。彼の中には常に予兆があったんです。危機が迫っていることをいつも感じていたし、いつか自分が危機に直面するとも思っていた。(悪にとって)スタークは最も恐ろしい男です。彼には強い心があるから。」(EW)

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly