Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』米国チケット前売、『インフィニティ・ウォー』の5倍ペースに ─ 大手映画館、15~30分間隔で上映実施も

https://www.fandango.com/avengers-endgame-215871/movie-overview スクリーンショット

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が(始まる前から)止まらない

米国最大手のチケット販売サイト「Fandango」の発表によると、本作は2019年4月2日(米国時間)の前売チケット発売から1週間で、初週売上記録が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を上回り同サイトの歴代記録を更新。前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の5倍という圧倒的ペースで推移しているという。

Fandangoの発表では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月25日のプレビュー上映から4月28日(日曜日)にかけて、すでに全米で数千回の上映が完売状態とのこと。たとえば米The Hollywood Reporterによれば、ロサンゼルスの「Regal Cinemas L.A. LIVE 14」での4月26日午前5時30分からの上映は完売。同じくロサンゼルスの「AMC Century City in L.A.」における同日午前2時30分からのIMAX上映はほぼ完売、5時30分からの3D上映は完売しているという。

こうした状況を受けて、全米の映画館チェーンは『アベンジャーズ/エンドゲーム』を24時間体制で上映すべく、上映回の随時追加を検討しているとのこと。“全米で最も混雑する”といわれるニューヨークの「AMC Empire 25」では、公開日である4月26日の午前1時から午前5時半にかけては15~30分間隔で上映が行われる。もちろん、前日25日と26日には通常の営業が予定される予定だ。なおFandangoの提携劇場では、26日午前4時、午前6時30分からの上映も追加されているという。

前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はFandangoにおいて、劇場公開2週間前の時点で『アントマン』(2015)から『ブラックパンサー』(2018)までのマーベル・シネマティック・ユニバース過去7作品の前売総額を上回る売上となっていた。本作はまだ公開2週間前には達していないものの、その約5倍にも及ぶペースだと考えれば……?

ちなみにFandangoでは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のチケット発売にあたって、創業後19年間で初めての取り組みを実施している。日本では決して珍しくないが、サーバーへのアクセス、チケット予約のためにユーザーを“待合室ページ”で待機させるという方法が採用されたのだ。『フォースの覚醒』前売時にFandangoのサーバーがダウンしたことを反省したもので、しかし「数年おきにやってくる3時間の混雑のためだけに規模を拡大できない」との理由から実施に踏み切ったそう。実際、本作のチケット発売後15分間は『フォースの覚醒』を上回るペースだったが、サーバーダウンは無事に回避されている。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、大手販売サイト「Atom Ticket」にて、前売セールスの初週成績が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)『キャプテン・マーベル』(2019)『アクアマン』(2018)の4作品累計額の約2倍という想像を絶する記録となったことも話題を呼んだばかり。いったいどこまで行っちゃうの?

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

もはやイメージできない

Sources: THR, Variety, Business Insider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly