Menu
(0)

Search

マーベル『エターナルズ』インディーズ映画のように撮影された ─「自然光を駆使しながら、ほぼロケ撮影」

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『エターナルズ』は、セレスティアルズという名の宇宙種族が人類への遺伝子実験で生み出した特殊種族、“エターナルズ”を描く一大群像劇。そんな本作は、壮大で野心的な映画でありながら、インディーズ映画のような撮影手法で製作されたのだという。

このように語るのは、『エターナルズ』セルシ役のジェンマ・チャン。英Empireのインタビューにてチャンは、本作の撮影背景ついて、「インディーズ映画のように、自然光を駆使しながら、ほぼすべてロケ撮影で製作されました。しかもその撮影のほとんどが、マジックアワーの中で行われましたよ」と説明している。

本作の監督を務めたのは、『ザ・ライダー』(2017)『ノマドランド』(2020)のクロエ・ジャオ。カンヌをはじめ、ヴェネツィアやトロント国際映画祭、アカデミー賞での受賞歴を持つ気鋭の監督は、いずれの作品でも雄大な自然をありのままに捉えながら、ダイナミックなヒューマン・ドラマを届けてきたことで知られる。

そんなジャオのスタイルとセンスについてチャンは、「壮大で野心的な映画でも継承されている」のだという。スーパーヒーロー超大作というかつてない規模の作品でありながらも、ジャオはCGを使用することを極力控え、監督としてのこだわりである実写撮影を貫き通したというわけだ。

ちなみに、ジャオのスタイルについて、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギは「本当に感動しました」と絶賛していた。『アベンジャーズ』シリーズのようなスペクタクルなバトル・アクションだけでなく、息を呑むような映像美も見られる一作となりそうだ。

Source: Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly