Menu
(0)

Search

マーベル『エターナルズ』インディーズ映画のように撮影された ─「自然光を駆使しながら、ほぼロケ撮影」

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『エターナルズ』は、セレスティアルズという名の宇宙種族が人類への遺伝子実験で生み出した特殊種族、“エターナルズ”を描く一大群像劇。そんな本作は、壮大で野心的な映画でありながら、インディーズ映画のような撮影手法で製作されたのだという。

このように語るのは、『エターナルズ』セルシ役のジェンマ・チャン。英Empireのインタビューにてチャンは、本作の撮影背景ついて、「インディーズ映画のように、自然光を駆使しながら、ほぼすべてロケ撮影で製作されました。しかもその撮影のほとんどが、マジックアワーの中で行われましたよ」と説明している。

本作の監督を務めたのは、『ザ・ライダー』(2017)『ノマドランド』(2020)のクロエ・ジャオ。カンヌをはじめ、ヴェネツィアやトロント国際映画祭、アカデミー賞での受賞歴を持つ気鋭の監督は、いずれの作品でも雄大な自然をありのままに捉えながら、ダイナミックなヒューマン・ドラマを届けてきたことで知られる。

そんなジャオのスタイルとセンスについてチャンは、「壮大で野心的な映画でも継承されている」のだという。スーパーヒーロー超大作というかつてない規模の作品でありながらも、ジャオはCGを使用することを極力控え、監督としてのこだわりである実写撮影を貫き通したというわけだ。

ちなみに、ジャオのスタイルについて、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギは「本当に感動しました」と絶賛していた。『アベンジャーズ』シリーズのようなスペクタクルなバトル・アクションだけでなく、息を呑むような映像美も見られる一作となりそうだ。

Source: Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly