Menu
(0)

Search

クリス・エヴァンス、キャプテン・アメリカ役を「再演することはない」と断言 ─ 「もう僕のものですらない」

クリス・エヴァンス Chris Evans
David Gabber /Landmark Media 写真:ゼータ イメージ

キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズを牽引してきたキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース役のクリス・エヴァンスは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を卒業した。しかし、その後もエヴァンスが同役でカムバックする噂が囁かれるなど、ファンが復帰を願う声が後を絶たない。

これまでにエヴァンスは、キャプテン・アメリカ役を「恋しく思う」と発言したこともあれば、『キャプテン・アメリカ』シリーズ第4作でタイトルロールを襲名するファルコン/サム・ウィルソン役のアンソニー・マッキーについて、「彼以上の適役はいない」と称えていた。しかし、その度に何を言っても再演を期待されてしまうエヴァンスが、今回はかなりキッパリと復帰を否定している。Disney D23のポッドキャスト番組で、こう断言している。

「いいえ。(この役を僕が再演するとは)思いません。それは素晴らしい旅路だったし、このキャラクターは僕にとって本当に大切であり、とても価値のあるものなんです。ただ、この役に戻るといっても、実際のところ、この役はもう僕のものでさえありません。この役はアンソニー・マッキーのものですから。」

あくまでエヴァンスは、『エンドゲーム』のラストでキャプテン・アメリカの盾をファルコンに託したように、この役をマッキーに任せたのであり、自分の役目は終わったと感じているようだ。さらにエヴァンスは、キャップではなくスティーブ・ロジャースとしてカメオ出演することにも慎重になるだろうと言い、こう続けている。

「あの映画が成し遂げたことが大好きです。だから役に復帰し、そのレガシーを奇妙にも拡大する可能性があって、それが上手くいかなかった場合、動揺してしまうでしょう。だから完璧に近いレシピが必要であり、それはあり得ないでしょうね。」

以前にもエヴァンスは、キャップ役の再演について「難しい注文」だと反応し、復帰条件は「完璧なものでなければならない」と述べていた

ちなみにエヴァンスは、2022年7月15にNetflixで配信開始されるアクション大作映画『グレイマン』が待機中で、ドウェイン・ジョンソンと共演する『Red One(原題)』をはじめとする複数の新作映画を控えている。

あわせて読みたい

Source:Disney D23

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly