Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』第10&11作、撮影に向けて準備快調 ─ 欧州でのロケハン、まもなくスタート

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

コロナ禍において世界的大ヒットを記録したワイルド・スピード/ジェットブレイク』に続くシリーズ第10&11作の撮影開始に向けた準備が着々と進んでいるようだ。主演・製作のヴィン・ディーゼルによれば、ヨーロッパでのロケハン(撮影地の選定)が開始されるという。

2001年から続いてきた『ワイルド・スピード』は、第10&11作をもってメインシリーズの完結を迎える。第10作の米公開は2023年4月に予定されており、封切りに向けたプリプロダクション(撮影前準備)がさっそく進められているようだ。

ヴィンは、自身のInstagramで「監督がヨーロッパへ向かうまで数週間。ロケーション(撮影地)のプリプロダクションが正式にスタートします。ワクワク」と投稿。続けて、「どの俳優との共演が見たいか、皆さんに聞く時です」と、ファンへのメッセージを伝えている。キャスティングもまもなく開始ということだろう。

この投稿をInstagramで見る

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿

『ワイスピ』では、ドム役のヴィン・ディーゼルやレティ役のミシェル・ロドリゲスらおなじみのファミリーに加えて、各作品で登場する新キャラを演じる俳優に注目が集められてきた。最新作『ジェットブレイク』では、世界的プロレスラーでもあるジョン・シナが、ドムの弟ジェイコブ役に抜擢されている。ほかこれまでに、ジェイソン・ステイサムやヘレン・ミレン、カート・ラッセル、スコット・イーストウッドらが参加しており、豪華なアンサンブルが『ワイスピ』を彩ってきた。

ヴィンの投稿のコメント欄では、ドラマ「BATWOMAN/バットウーマン」シーズン1でタイトルロールを演じ、ヴィンとは映画『トリプルX:再起動』で共演したルビー・ローズが、「もし『ワイスピ』に1作でもカメオ出演できなかったら、私は……」と記し、『ワイスピ10』出演のためにアピールしている模様。ちなみに、ヴィンは次作の新キャストとして迎えたい俳優に、名優マイケル・ケインの名を挙げていた

第10作には、シリーズ第3〜6作を手がけ、『ジェットブレイク』で監督復帰を果たしたジャスティス・リンが続投。また、シリーズ計7作で脚本を手がけ、『ジェットブレイク』では企画から離れていたクリス・モーガンも復帰を果たす。なお、撮影は第11作と連続で2022年初頭に予定されている。

映画『ワイルド・スピード10(仮題)』は2023年4月7日に米公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly