Menu
(0)

Search

ジョン・ワッツ監督離脱の『ファンタスティック・フォー』、後任探し難航か ─ マーベルは大物監督を希望

ファンタスティック・フォー

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で新たにリブートされるファンタスティック・フォー(正式タイトル未定)の監督に就任していたジョン・ワッツが離脱した後、どうやら後任探しは思うように進んでいないようだ。

2022年4月、トム・ホランド主演の『スパイダーマン』3部作でメガホンをとったワッツは、「スーパーヒーロー・ジャンルからいったん距離を置くため」に、MCU版『ファンタスティック・フォー』から降板したと報じられた。

米Deadlineのジャスティン・クロール記者は自身のTwitterで、現時点でワッツの後任となる最有力候補の名前は挙がっておらず、スタジオは候補者を選出する段階からも程遠い状態だと伝えている。一方で、候補者は大勢いるが、スタジオとケヴィン・ファイギ社長は大物監督に狙いを定めているとの情報もあるという。

またクロールによると、ファイギは映画の製作段階で撮影全体を監修することを望んでいないようだ。『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)で監督を務めたサム・ライミがその点では心配が不要だったため、『ファンタスティック・フォー』でも同じ結果になることを望んでいるとツイートしている。

ファイギとスタジオが、ライミのように経験豊富な大物監督を求めているということは、やはり後任となる監督探しは今後も長引く可能性がありそうだ。

現時点で監督は未定だが、「ムーンナイト」(2022)の製作に携わったグラント・カーティスとニック・ピピンが参加していることがわかっている。MCU版『ファンタスティック・フォー』の監督に誰が選ばれるのか、新情報に注視しておきたい。

Source:Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly