Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』第9作、復活のハンは「不可欠な存在」とヴィン・ディーゼル ─ テーマは「ファミリーを諦めるな」

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

世界的人気を誇るカーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』では、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)で死亡したと思われていたハン(サン・カン)が再び姿を見せる。この奇跡とも言うべき復活劇を目の当たりにすべく、全『ワイスピ』ファンが2021年5月の公開を待ち望んでいることだろう。

そんなハンの復活について、シリーズの主人公ドムことドミニク・トレットを演じるヴィン・ディーゼルが口を開いた。米Entertainment Weeklyが行ったインタビューでのことだ。ハン再登場の真相を訊かれたディーゼルは、その具体的な経緯に関する発言は避けながらも「このフランチャイズには不可欠な存在」と、ハンに対する愛を語り始めた。

「覚えているでしょうか、ハンはドム・トレットが不在だった数年間を知っていますし、ドムと一緒にメキシコでひと仕事をしました。そして、ドムがどこにいるのかも彼だけが知っていた。ドムが『TOKYO DRIFT』で戻ってきた時も、多くの意味で橋渡しとなってくれました。ハンというキャラクターには、とても特別で不思議な何かがあるんです。映画を観れば皆さんも感じますよ。

クリント・イーストウッド特集

ハンの復活が伝えられたのは、2020年2月。それまで、シリーズにおけるハンの扱いに疑問を持ったファンが掲げた「#JusticeForHan(ハンに正義を)」にて、復活が訴えられ続けていた。また、監督のジャスティン・リンもこうした活動を展開するファンの思いを汲んだ上で、ハンの復帰について「決して軽く考えてはいません」と言及。演じるサン・カンは、ハン復帰の理由がシリーズの一貫したテーマである“ファミリー”に紐付いていると伝えていた。

このたび口を開いたディーゼルも、サン・カンと同一のキーワードを引き合いに出している。ハンの復帰の「根底には、“ファミリーに背を向けるな”という(テーマ)だけでなく、“ファミリーを諦めるな”というテーマへの証明もあるんです」とディーゼル。「内容は知らなくても、“ファミリーを諦めるな”というのが本作のテーマです」と改めて強調した。

本シリーズは、全11作で完結することが判明済み。『ジェットブレイク』で第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)以来の復帰を飾るリン監督が第10&11作に続投する見込みであるほか、シリーズ完結に向けて『ワイスピ』ファミリーが揃って登場する予定だ。その中にはハンの名前も含まれており、『ジェットブレイク』以降の動向に注目が集められることになるだろう。

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly