Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ホームカミング』続編タイトルは『Far From Home』で確定 ― マーベル社長「複数の意味がある」

スパイダーマン:ホームカミング
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

トム・ホランド主演、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)におけるスパイダーマンの単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編タイトルが『Spider-Man: Far From Home(原題)』で確定した。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が認めている。

『スパイダーマン:ホームカミング』続編のタイトルについては、トム・ホランドが『Far From Home』だと“うっかり”バラしてしまったことが話題となったばかり。しかし、そのタイトルが本当に正しいのか、トムは本当にうっかりバラしてしまったのか、うっかり風の発表ではないのかと、いろんな意味で真相は定かでないままだったのだ。

ComicBook.comの取材に対して、ケヴィン社長は「予想が始まりますね。こういうのはいつでも楽しいですよ」と一言。トムの明かしたタイトルが正しいことを認め、タイトルには複数の意味が秘められていることを明かした。

「(続編のタイトルを)私たちは気に入ってるんです。『ホームカミング』に繋がっていますし、単に同じ言葉を使っているだけじゃなくて――だから『ホームカミング2』よりも気に入ってるんですが――“ホーム”という言葉には、(MCU版)スパイダーマンに持たせていきたい2つの意味がある。つまり、“Far From Home”には複数の意味があるんですよ。」

思えば前作の『スパイダーマン:ホームカミング』というタイトルにも、スパイダーマンの再映画化=カムバックや、ついにスパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバースに本格合流すること、そして劇中で登場する高校のイベント「ホームカミング」と複数の意味があった。続編でピーター・パーカー/スパイダーマンは「地球上の別の場所で過ごすことになる」ようなのだが、単純にニューヨークを離れるという以外に、いったいどんな展開が予定されているのだろう?

ちなみに『Spider-Man: Far From Home』は、2019年公開『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の物語が終わった直後から始まるストーリーだといわれていた(2017年6月時点)。『スパイダーマン:ホームカミング』の冒頭が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)から直結していたように、“親愛なる隣人”の冒険は、またしても大きな事件の後を引く形で始まることになりそうだ。

映画『Spider-Man: Far From Home(原題)』は2019年7月5日に米国公開予定

Source: ComicBook.com
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly