『スパイダーマン:ホームカミング』続編映画、ピーター・パーカーは再び海外へ ― 『アベンジャーズ4』後の物語、2018年7月撮影開始

2017年公開、映画『スパイダーマン:ホームカミング』の続編(タイトル不明)は、ファンの想像を超えるストーリーとなりそうだ。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、そして『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)を経て、ピーター・パーカー/スパイダーマンの冒険はどこへ向かっていくのか……。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がそのヒントを語っている。

ピーター・パーカー、今度は海外へ

『スパイダーマン:ホームカミング』の続編は、マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて非常に重要な意味を持つ作品だ。2008年『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースは、『アベンジャーズ』第4作で一つの区切りを迎える。同作でユニバースの「フェイズ3」は幕を閉じ、『スパイダーマン』続編で「フェイズ4」が幕を開けるのだ。その物語は『アベンジャーズ』第4作の“数分後”から始まるともいわれている


ケヴィン社長は、この続編映画でピーター・パーカー/スパイダーマンがニューヨークを飛び出していくことを、米io9のインタビューにて明かしている。

「撮影はロンドンで行います。前作はアトランタで撮りましたが、(続編は)映画の多くをロンドンで撮るんです。ロンドンで撮影することには特別な理由があって…もちろんスパイディはニューヨークで過ごすんですが、地球上の別の場所でも過ごすことになるんですよ。」

ここで留意したいのは、撮影がロンドンで行われるからといって、必ずしも物語の主な舞台がロンドンであるとは限らないことだ。ケヴィン社長は「地球上の別の場所」と述べているにすぎないため、続編では地球上のさまざまな場所をスパイダーマンが移動することになるのかもしれない。

 

ところで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『アベンジャーズ』第4作を除外して考えれば、ピーターが海外で活躍するのは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)以来。しかし、どうやら今度の海外進出にもアベンジャーズの存在があるようで……。

「『シビル・ウォー』で彼(ピーター)はライプツィヒ空港へ行き、そして学校に戻らなくてはならなくなった。そのことが『スパイダーマン:ホームカミング』に繋がったんです。『アベンジャーズ』の2作品は(続編に)深く繋がりますし、おそらく、それ以上ですらあるでしょう。」

なおケヴィン社長によれば、続編の撮影は2018年7月上旬より始まるという。2017年12月時点では2018年6月から始まると伝えられていたが、その後、若干の変更が加わったようだ。ところで、うっかりネタバレしがちなことで知られる主演のトム・ホランドは『アベンジャーズ』の内容を正確に教えてもらえていないようだが、そのまま続編の撮影に入ってしまうのか……!?

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の続編(正式タイトル不明)は2019年7月5日に米国公開予定
監督は前作に引き続きジョン・ワッツが、脚本は前作のほか『アントマン&ワスプ』(8月31日公開)や『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)を執筆したクリス・マッケナ&エリック・ソマーズが担当する。

Source: io9
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。