Menu
(0)

Search

『ワイスピ10』後任監督に『インクレディブル・ハルク』ルイ・レテリエが交渉中

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

『ワイスピ』シリーズ最新作『FAST X(原題)』から降板したジャスティン・リン監督の後任として、『インクレディブル・ハルク』(2010)や『トランスポーター』シリーズで知られるルイ・レテリエが交渉中にあることがわかった。米Deadlineが報じている。

2022年4月27日、『FAST X』撮影1週目にして、ジャスティン・リン監督の降板が発表された。詳しい経緯は定かでないものの、主に創造上の違いが要因とされている。

これを受け、米ユニバーサル・ピクチャーズはリン監督が管轄していたメインユニットの撮影を一時中断。その中断コストは一日あたり60万〜100万ドル(7,800万〜1億3,000万円、1ドル=128.68円換算)とも伝えられ、一刻も早い後任探しが求められていた。

白羽の矢が立ったルイ・レテリエ監督は、冒頭の作品ほか、『ダニー・ザ・ドッグ』(2005)や『タイタンの戦い』(2010)『グランド・イリュージョン』(2013)などのアクション作品で知られ、直近では「Lupin/ルパン」(2021-)のエピソード監督も務めた。報道によると、ユニバーサルのドナ・ラングレー会長が後任の第一候補として、それまで親交のあったレテリエ監督にアプローチをかけたという。現在はスケジュールを調整中で、契約はまだ締結されていない。

本作は、『ワイスピ』完結2部作の前編として製作されており、シリーズ5作を手掛けた立役者であるジャスティン・リン監督が降板したことで、製作サイドは大きな困難に直面している。ファンの間でも不安が広がる中、レテリエ監督はユニバーサルにとっての救世主となるか。

映画『ワイルド・スピード』第10作(タイトル未定)は2023年5月19日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly