Menu
(0)

Search

【インタビュー】『ファンタビ』ナギニ役クローディア・キム ─ 「ナギニは多様性のためのキャラではない」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ナギニ役クローディア・キム

“ハリー・ポッター魔法ワールド”の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、2018年11月23日よりついに日本公開となった。

本作では、ヴォルデモートの分霊箱の一つで、忠実な僕である蛇ナギニが元は人間だったという事実が初めて明らかになっており、ファンの間で大きな話題となっている。そんなナギニを演じているのは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)のヘレン・チョ役など知られる韓国人女優クローディア・キム。デヴィッド・イェーツ監督が「クローディアは自分の姿を徐々に失っていく女性を感動的に演じてくれました。この役にぴったりだと思います」と絶賛するほど、見事に大役をこなし切った。

日本中が『ファンタビ』の熱気に包まれる中、THE RIVERでは、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で来日したクローディア・キム/スヒョンにインタビューを行った。

クローディアは、Fendiのワンピースとシルバーのブーツに身を包んだエレガントな装いで私たちの前に登場。笑顔を見せながらハキハキと誠意を持って、クリーデンス役エズラ・ミラーとの共演秘話からナギニの本作での役割についてなど、様々なトピックに丁寧に答えてくれた。クローディアが「他のインタビューよりたくさん話しちゃいました」と言うほどの大充実のインタビューをお楽しみ頂きたい。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ナギニ役クローディア・キム

「J.K.ローリングは女神」

── 昨晩のジャパンプレミアは大盛り上がりでしたね!

素晴らしかったです!熱気もすごくて。日本のファンの皆様が、どんなに『ハリー・ポッター』シリーズを愛して下さっているかや、ロンドンのスタジオツアーに参加する方の多くが日本人だということを伺っていたので、最高のプレミアになると思っていましたし、実際にそうでしたね。

── 日本のファンも熱狂する魔法ワールドに加わるに際して、J.K.ローリングとお話することはできましたか?

初めてお会いしたのは、台本の読み合わせの時でしたね。J.K.を遠くから見つめて、なんて美しいのって思いました。頭からつま先まで、もう輝いていて。オーラもありますし、何と言ってもあの世界を作り上げた女神ですからね。で、次にお会いしたのはトイレ(笑)。手を洗っていて、顔をあげたら鏡にJ.K.が写っていて、「こんにちは」と言って下さったんですよ。その瞬間、私は「オー・マイ・ガッド!手が濡れているけど、挨拶したい!」ってなって…。まあ後は分かりますよね。

J.K.は「ナギニが本当に大好き」と、ひたすらナギニへの愛を語って下さいました。それに、私のオーディションのビデオを気に入ったともおっしゃって下さったんです。それは私にとっても何ものにも代えがたい言葉でした。

── J.K.ローリングから、ナギニの生い立ちなどについて伺うことはできましたか?

いいえ。このキャラクターの大部分は、私とデヴィッド・イェーツ監督、クリーデンス(エズラ・ミラー)で作り上げました。デヴィットとJ.K.は、このキャラクターをどのように演じるべきか具体的に指示したというよりかは、自分自身を信じ、何を正しいと感じるか探求させてくれたんです。

ナギニはインドネシアのジャングルに住んでいた時に捕まって、家族から引き離されてしまったんじゃないかな。本作で、彼女はほぼサーカスの囚人のような状態なんです。逃げられたかもしれないけど、自分の持つ力をどう役立てれば良いのか分からなかったのかも。なので、クリーデンスは彼女にとって希望のシンボルだったと思いますね。彼らがお互いに力を与えて、内なる獣を解き放つよう励ます姿はとても興味深かったです。

その他は、全てが謎に包まれていますね。『ハリー・ポッター』シリーズでお馴染みの蛇の姿に、どう辿り着くのかも分からないんですよ。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ナギニ役クローディア・キム

次回作のタイトル、エディ・レッドメインは知っている

── ナギニの今後についても秘密でしたか?

はい、残念ながら。でも、次回作のヒントはくれましたよ。J.K.は作者として、自分のキャラクターたちに関してとてもワクワクしていて、キャストそれぞれに小さなヒントを与えてくれたんです。「本当は言ってはダメなんだけど…。」って風にね。

そういえば、さっきエディ(・レッドメイン、ニュート役)と話していたんですけど、次回作のタイトルを知ってるって言っていたんですよ。私は「ちょっと待って。その情報、知らない」って感じ。後で情報交換しようって(笑)。

── みんな別々の秘密を知っているんですね。

そうなんですよ。でも全員、どんな時も秘密を守らなきゃいけない責任は共通で背負ってますね。例えば、しばらく私がナギニを演じることは秘密だったので、ダンに「ナギニってもう言って大丈夫?」って確認されました。で、私たちは「大丈夫だよ」って伝えて…。今もチェックし合っているんです。(編註:前夜のジャパンプレミアの壇上でも尋ねられていた。)

── 結局、次回作のタイトルはまだ聞けませんでしたか?

インタビューを受けていた時にそのことを言っていたので、聞けませんでした。後で彼を連れてきて、問いたださないとね。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ナギニ役クローディア・キム

エズラ・ミラーは「歩くハリポタ百科事典」

── クラウディアさんは、どのくらいの『ハリー・ポッター』ファンですか?

前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は少なくとも5回は観ました。純粋に好きだったから、オーディションには関係なく観ていましたね。『ハリー・ポッター』の原作本も英語版が出てすぐに読んでいました。全く違う世界の入り口みたいに感じたのが好きだったんです。それから、ギリシャ神話にものめり込んでいました。神話や魔法って、とても面白くて深いテーマなんですよ。なので『ハリー・ポッター』には感激しました。映画も全作観ていますし、特に後半の方が好きでした。深みや人間関係、暗さが描かれていて。私も自分で結構コアなファンだと思ってったんですけど、エズラほどは(細部まで)覚えられませんでしたね。彼より年上だし(笑)。

── 確かに、エズラの『ハリー・ポッター』知識はすごいと伺ったことがあります。

そうそう。彼は歩く百科事典。いつでも質問できるから、現場にいると便利でした(笑)。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Wizarding WorldTM Publishing Rights © J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc.

── エズラからナギニについても助言を貰えましたか?

んー、そうですね。話し合いは色々しましたけど、感情的な繋がりの方が言葉より大きな意味を持つという共通認識がいつもあったんですよ。なので、ナギニが今どう感じていると思うかとか、彼がどう考えてるかについて、話し合う必要がなかったんです。

でもそれ以外だと、正確な情報が知りたいとき、みんなエズラに”これって合ってる?”って確認しに行ったことがあると思いますよ。彼のハリー・ポッター知識は本当に凄いんです。

エズラ・ミラーとの共演

── 本作ではそんなエズラとの共演シーンが多かったですが、共演はいかがでしたか?

エズラは最高。もう既に彼が恋しいです。数日間会えないだけで寂しいですね。とても面白くて、個性豊かで、本当にあらゆる面で才能に溢れているんです。デヴィッド監督から、劇中で2人の姿を観ただけで関係性が分かるようにしたいと言われていたので、エズラは私のことをよく知ろうと本当に努力してくれました。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

── どのように仲良くなっていったんですか?

一年前、夏至の儀式みたいなものに参加するため、ロンドンの森の中を一緒に旅したんです。彼が「そういえば、夏至って行ったことある?」みたいな感じで聞いてきたので、「そういう集まりには参加したことはないな」と伝えたら、「じゃあ行こう!」ってなったんです。エズラには、ロンドンは魔法や魔術の中枢だから「最高の経験になるよ。すごく霊的な感じで良いよ」と言われましたね。

私、結構勇敢だったと思いますよ。全く光のない森の中にエズラと彼の友達と一緒に入っていって、ディオールの靴もダメにしちゃって(笑)。私はただ「あなたを信じて付いて行く」って感じでした。お互いに頼らないといけない状況だったんです。それで儀式に着くと、炎やら踊ってる人やら、ドラムやら詠唱といった神秘的でミステリアスな雰囲気で。でも面白いことに、ちょうど本作に出てくるサーカスみたいでしたね。とにかく全くもって、普通ではない経験をしました。

そこから、お互いに様々なことをシェアするようになったんです。エズラはパリに行って、実際の魔法の歴史を見て、パリには魔法が存在するんだということを教えてくれましたね。

ナギニについて

── 本作でのナギニの役割は何ですか?

本作は、ナギニのイントロダクションでもあります。このキャラクターは複雑で心に葛藤のある人物で、実際にはとても美しく壊れやすい女性なんです。彼女もクリーデンスと同じように自分の属する場所や、”人”としてどのくらい時間が残されているのか知りたいし、助けてくれる人も探していると思います。治療方法も見つけたいはず。でも、彼女はクリーデンスのお陰で手に入れた自由に感謝して、願いを全て脇に置いてクリーデンスの仲間になるんです。ナギニがこの決断に至る上で払った犠牲は、クリーデンスの人生にもとても大きな影響を与えたと思いますね。本作で、彼らの関係が築かれるのを見られたのはとても素敵でした。

それに、映画全体を通して皆の共通テーマでもありますね。誰もがどこかで自分のアイデンティティを探しているんです。それで、自分の力を求めたり否定したり、押さえつけたり。本作は、友人関係や自分が殻を割るのを手助けてくれる関係を大切にすべきだと教えてくれるんです。

── 撮影で印象に残っていることはありますか?

んー、たくさんありますね。サーカスのシーンはとても好き。好き…と言うのはちょっと違うかな。自分が檻の中にいて、観客が自分に向かって怒鳴って叫んでいる時にナギニを感じた、と言うべきですね。あんな狭い檻の中であんな風に人間が捕まって、とても不愉快な形で見られるのが、どういう気持ちなのか感じたんです。あの狭いトンネルを抜けて檻の外に出たとき、瞬間的な重苦しさや悲しみといったものが一気に押し寄せてきました。その感情は、ナギニが見世物として出る時、毎日抱いていた感情なんですよ。

── ナギニについてどんなことを知りたいですか?

どうやってパーセルタング(蛇語)を話せるようになったか知りたいですね。もしもパーセルタングが彼女を乗っとるのだとすると、彼女は普通に話していると思っていたのに、ポロリとパーセルタングが出てきてしまうのかな。それか誰かがこの能力を見つけられるよう、教えたのかも?「彼女はホグワーツに関わってくる?クリーデンスを見つけられる?一体いつトム・リドル/ヴォルデモートに会う?」ということも知りたいです。トム・リドルが子供か赤ちゃんの時に、何らかの繋がりを持つのか、気になりますね。

合わせて読みたい

スリザリンになりたい

── もしもクローディアさんがホグワーツの生徒だったら、どの寮に入りたいですか?

(ネットで)組分け診断を2回受けましたよ!1回目は急いでパパっと答えて、レイブンクローになったんです。2回目、「よし、ちゃんとやろう」と真面目に回答したら、グリフィンドールになりました。実際にグリフィンドールは好きなので、すごく嬉しかった。でも、実はスリザリンになりたいっていつもこっそり思っていましたよ。だってカッコいいじゃないですか。ナギニはきっとホグワーツには入らないけど、スリザリンのシンボルは彼女でしょ?能力とワル感が組み合わさっているので、スリザリンになりたい。私の場合の結果は違ったけどね。

── もしも『ハリー・ポッター』から好きなキャラクターを『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場させられるとしたら、誰がいいですか?

ドビー!ドビーが死んじゃったとき本当に悲しかった。靴下をあげないで「一緒にいて…」って言っちゃいますね。あげなきゃいけないかもだけど(笑)。『ファンタビ』にドビーが登場したら凄く良いですよね。あと、どの時代からベラトリックス・リストレンジが登場できるか分からないないですけど、出て欲しいですね。ヘレナ・ボナム・カーターは最高の女優ですし、ベラトリックスがどんなに悪い人だとしても、映画ではすごく綺麗だったな。ハグリッドもすごく見たいです。バタービールを一緒に飲んで、ホグワーツのことやハリー・ポッターについて話したいですね。なのでこの3人(笑)。

── その願いをJ.K.ローリングに伝えたことはありますか?

いいえ(笑)。そういえば、この間パリのプレミアに参加したとき、ステージ上で本当に最高なことが起きたんです。J.K.が「あら、こんにちは。今日はちょうどあなたについての物語を書いていたのよ」って言ってくれたんですよ。私はもう「えぇーっ!」って。でも、ステージにも立っていたので、話は続けられなかったですね。でも、すごいと思いません?プレミアの日に、J.K.が私の物語を書いていたなんて…。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ナギニ役クローディア・キム

アジア人として「変化を起こしたい」

── 最後に。クローディアさんは本作の他にマーベル映画(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)にも出演され、現代の2大シリーズに出られています。アジア人女優として、この経験をどう捉えていますか?

エピックですよね。この2大シリーズには、本当に感謝しています。こうなるとは夢にも思いませんでした。ちょうど昔のツイートを見ていたんですけど、スタン・リーが、J.K.と是非ともコラボしたいってツイートしてたんです。それを読んで、こんなにも壮大な2大シリーズに参加できる機会を与えられたことを、とても感慨深く思いました。

それに、本作でナギニが最初からアジア人として構想されていたことも感謝しています。私は今まで、アジア人のためでない役のオーディションにも参加してきました。オーディションに参加すること自体が意味あると思っていますし、何か変化を起こしたいという気持ちもありましたからね。それに、アジア人役でオーディションを受けても、その役に白人が配役されることも度々ありました。

そういう経験をしてきたので、ハリウッドでこのように表現されることを素晴らしく感じています。責任を感じると共に、ワクワクする気持ちで一杯です。特に、ナギニは多様性の為だけに映画に加えられたキャラクターではありません。彼女には強い存在感と強い物語があるんです。ですから、アジア人のファンの皆様からいただいたサポートに応えられたらと願っています。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年11月23日(金・祝)より公開中。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly