Menu
(0)

Search

DC『フラッシュ』単独映画、撮影延期に ― 脚本遅延、『ファンタスティック・ビースト』撮影のため

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、『ジャスティス・リーグ』(2017)に登場したバリー・アレン/フラッシュの単独映画『ザ・フラッシュ(仮題)』の撮影が延期されることになったという。米Varietyが報じた。

ジャスティス・リーグ
『ジャスティス・リーグ』ブルーレイ&DVD発売中 © JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

かねてより企画が進められてきたフラッシュの単独映画には、これまでセス・グレアム=スミスとリック・ファミュイワが監督に就任しながら、ともに実現に至らぬまま企画を離脱してきた。2018年3月、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の脚本を執筆したジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタインが新監督として就任。2019年2~3月の撮影開始を目指して準備が進められてきたのである。

ところが今回の報道によると、ワーナーは『ザ・フラッシュ』の撮影開始を延期するとのこと。2018年10月時点で脚本の修正が続けられており、当初の予定通りに撮影を始めるには脚本作業の時間が足りないと判断されたということだ。もっともワーナーは本作に正式なゴーサインを出しておらず、米国での劇場公開日も決めていないままだった。

また撮影延期に関わるもうひとつの要因とみられるのが、フラッシュ役を務めるエズラ・ミラーのスケジュールだ。『ファンタスティック・ビースト』シリーズでクリーデンス・ベアボーン役を演じているエズラは、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年11月23日公開)に続くシリーズ第3作の撮影に2019年7月から参加する見込み。これを受けてVarietyは、『ザ・フラッシュ』の撮影は2019年終盤の開始、劇場公開は2021年と予測している。ちなみにエズラは画家サルバトール・ダリの伝記映画『Dali Land(仮題)』にも出演することが報じられているが、こちらの撮影時期は不明だ。

本作はコミックの人気エピソード『フラッシュポイント』を原案にしながら、かつフラッシュのオリジン・ストーリーに近い内容になるとみられる。なおヒロインのアイリス・ウェスト役は『さよなら、僕のマンハッタン』(2017)のキーアージー・クレモンズ(カーシー・クレモンズとも表記)が演じる

映画『ザ・フラッシュ(仮題)』の撮影時期・公開時期は未定。光速ヒーロー、さらに遅れての登場である。

Source: Variety
Eyecatch Image: 『ジャスティス・リーグ』ブルーレイ&DVD発売中 © JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly