Menu
(0)

Search

『ジェミニマン』江原正士 vs 山寺宏一のウィル・スミス吹替対決、コッソリと始まっていた

ジェミニマン
© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『メン・イン・ブラック』シリーズや『アラジン』のウィル・スミスが“世代を超えた一人二役”に挑むアクション大作、ジェミニマンの日本語吹替版が話題だ。現在のウィル・スミスを江原正士、20代のウィル・スミスを山寺宏一が別々に担当するのである。このたび、なんと江原 vs 山寺の声優対決がコッソリと始まっていたという新たな情報が飛び込んできた。

問題の対決は、『ジェミニマン』の特報映像と予告編である。2019年4月下旬に公開された特報映像では江原正士が、2019年7月末に解禁となった本予告映像では山寺宏一が、映像の最後に聞こえる「ジェミニマン」というタイトルコールを担当していたのだ。細かいことはいいので、とにかく実際にお聴き比べいただきたい。

『ジェミニマン』特報映像(江原正士担当)

『ジェミニマン』本予告映像(山寺宏一担当)

江原正士は『メン・イン・ブラック』シリーズや『ハンコック』(2008)などで、山寺宏一は『インデペンデンス・デイ』(1996、地上波版)や『アラジン』などでウィル・スミスの吹替を担当しており、時には『アイ・アム・レジェンド』(2007)のようにソフト版と地上波版でそれぞれに吹替を担当することもあるほど。『ジェミニマン』はファン待望、“ウィル・スミス日本代表”ともいうべき2人が競演するという夢の企画なのだ。考えた人は天才

ともかく、江原 vs 山寺による正面を切っての対決は『ジェミニマン』本編のお楽しみ。タイトルコールだけでも十分にテイストが違うわけだが、二人はそれぞれのウィル・スミスをいかに演じるのか……。ちなみに、吹替版の制作が検討を始められた当初からダブル配役の構想はあり、早くから“吹替対決”は念頭に置かれていたとのこと。タイトルコール対決は本編の伏線、いや前哨戦だったというわけである。

あわせて読みたい

映画『ジェミニマン』は2019年10月25日(金)全国ロードショー

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly