Menu
(0)

Search

ガイ・リッチー『ジェントルメン』こだわりの衣装から紳士な着こなし紐解く ─ スケッチ&場面写真が公開

ジェントルメン
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

マシュー・マコノヒーチャーリー・ハナムヘンリー・ゴールディングミシェル・ドッカリーコリン・ファレルヒュー・グランドら豪華共演、ガイ・リッチー監督による原点回帰作『ジェントルメン』が、2021年5月7日(金)より全国公開される。この度、衣装スケッチと場面写真が到着している。

女王陛下の国イギリス、紳士の街ロンドン。そのロンドン暗黒街で緊急事態が発生した。1代で大麻王国を築き上げたマリファナ・キングのミッキー(マシュー・マコノヒー)が、500億円にも及ぶと言われる大麻ビジネスを、全て売却して引退するという噂に街は激震。噂を聞いて目の色変えたのが、ユダヤ人の強欲な大富豪、ゴシップ紙の編集長、ゲスな私立探偵、チャイニーズ・マフィアにロシアン・マフィア、そして下町のチーマーたち。紳士の顔したワルたちが、500億円の利権を巡り、裏の裏のそのまた裏をかく、ダーティでスリリングな駆け引きを繰り広げていく。

2021年4月1日は、グッドスーツの日。そんな日に、クールでジェントルメンな着こなしを本作から紐解きたい。衣装には執拗にこだわることで有名なガイ・リッチーだが、本作も例外ではない。今回も、あらゆる階級の役の衣装に、そのポリシーが垣間見える。本作のコスチュームデザイナーのマイケル・ウィルキンソンは、「ガイ(・リッチー)は、都会的で典型的な英国風のスタイルを求めていた。今回の作品は、すべての役の個性が強調されていた。だからこそ、衣装選びが楽しかったですよ。ただ、ガイはありきたりでつまらないものを嫌いながらも、誇張しすぎには気を付けなければならなかった。どの役にしても、観客が共感できるレベルに留める必要があったんです」と監督のこだわりを明かている。

ジェントルメン
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.
ジェントルメン
Courtesy of Michael Wilkinson
ジェントルメン
Courtesy of Michael Wilkinson
ジェントルメン
Courtesy of Michael Wilkinson
ジェントルメン
Courtesy of Michael Wilkinson

マシュー・マコノヒーふんするミッキー・ピアソンについては、ウィルキンソンは次のように語る。「独特で個性的なルックスを作り上げたいと思っていた。そこで、彼の着用するスーツは、オーダーメイドのスーツを発注することにしたんです。伝統的な英国風の仕立てを取り入れつつ、モダンな仕上げにしてくれた。非常に質の高いスーツだが、若々しい発想の伝統に縛られないデザイン。ミッキーは、自分の地位を楽しんでいるような人間だ。英国風の仕立てを強調するためにも、美しい羊毛やカシミアや絹の贅沢な生地を選びました(柄はウィンドウペンチェックとプリンス・オブ・ウェールズを使用)。マシューは、ここまで着心地のいいスーツは初めてだ、と言っていた」。マコノヒーはあまりにもそのスーツを気に入り、何着か家に持ち帰ってしまったという。「幸いなことに、この映画にはアクションシーンが沢山あったので、あのスーツには何着もの予備があった」とウィルキンソンは語る。

ジェントルメン
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

チャーリー・ハナムふんするミッキーの右腕にに関しては、リラックスした雰囲気の見た目を作り上げているという。ウィルキンソンは、次のように説明している。「チャーリーに関しては、英国風でありながら、もう少しカジュアルなスタイルを作り上げたかった。仕立てた服に、キルト地のバブアーのジャケット、ニットのネクタイ、ツイードのベスト、厚手のニット、そして、美しいオーダーメイドのブーツなどを合わせた。チャーリーの演じるレイには、生まれつき服装のセンスがある。法に触れる活動をしているからといって、仕立てのいい、ウェルメイドの服を着ないとは限らない」。

ジェントルメン
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.
ジェントルメン
Courtesy of Michael Wilkinson

ミシェル・ドッカリーは、ミッキーの我の強い妻役を演じており、ここまで彼女の出身地に近い役を演じたのは初めてであった。ウィルキンソンは「ロザリンドは、堂々とハイブランドの服を着こなすタイプだ」と語り、バルマン、ステラマッカートニー、ラルフローレン、キャロリーナヘレラ、などのブランドを用いたという。「彼女が生まれた育った境遇は今の状況とは全く異なるとは思うが、彼女が今の特権的な境遇に馴染んでいるように見せたかった。ファッションの小さな詳細にまでこだわり、大胆かつ自然になんでも着こなす。古風な英国スタイルに、モダンでドラマチックなテイストが加わる。黒と白がベース。くっきりと見せる肩の形、鮮明なストライプに、大胆なシルエット。パール、ブーツ、毛皮、カシミアを使い、シャープな仕立てを心掛けた」。

ジェントルメン
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.
ジェントルメン
Courtesy of Michael Wilkinson

コリン・ファレルが演じるのは、若いはぐれ者たちの集団を率いるボクシング・コーチ。彼らは、古いやり方に反抗し、全員がトラックスーツをまとう。ウィルキンソンは次のように語る。「コリン・ファレルと彼の率いる集団のために、一からトラックスーツを作成した」。ウィルキンソンは、オリジナルのデザインを四種類も作成したそうだ。「典型的な英国風のスーツ用生地を、モダンなキルト地にし、更にプリントを施して鮮烈な印象に仕立てた。属す階級によって、“英国風”の解釈が異なることを見せたかったんです。この集団の衣装に関しては、ストリートウェアやカジュアルなスポーツウェアのテイストを加えた」。

ジェントルメン
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

そしてヒュー・グラントは、ミッキーからお金をだまし取ろうとする私立探偵役を演じている。大の映画好きという設定だ。本作では、ストーリーテラーの役割も果たしている。「ヒューが演じる役は、1970年代の偉大な映画監督たちがモデルになっている。あの時代の映画監督を、もっと好色で怪しい雰囲気にしたのがヒューの役柄だ。ヒューもとても気に入っていましたよ!」とウィルキンソンは語る。グラントは、フェデリコ・フェリーニや実際に面識のある私立探偵を参考にしたという。そんなグラントのふんするチャラ男は、灰色とも紫色ともいえない微妙な色を帯びたレンズのレイバン製ウェイファーラー・サングラスを常に身に着けている。グラントの役に関しては、あのサングラスが決め手だったという。ウィルキンソンは「彼のためにレザージャケットを作り、長年着古しているように見えるように手を加えた。さらに、ハイネックのセーターとワニ革でできたブーツを合わせたんです」と語る。

このように、クールでジェントルメンな着こなしは、役柄に寄り添ったことにより実現したことがわかる。さらに、物語の中で描かれる社会的なヒエラルキーも衣装に反映された。それぞれのキャラクター設定が明らかになり、こだわりの衣装をまとって謀略の限りをつくすクセモノたちの姿、その華麗なる騙し合いに期待は膨らむばかりだ。

映画『ジェントルメン』は、2021年5月7日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

予告編はこちら

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly