Menu
(0)

Search

ジョージ・クルーニー、乳首バットマンを自虐 ─ 奥さんにも未だに観せていない模様

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
© Warner Bros. Entertainment, Inc.

DC映画『ザ・フラッシュ(原題)』では、ベン・アフレックとマイケル・キートン、新旧ふたりのバットマンが奇跡のマルチバース共演を果たすことで話題を呼んでいる。これまで偉大な役者たちが演じてきたバットマン/ブルース・ウェイン役には、他にも忘れがたい人物がいる。『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)のジョージ・クルーニーだ。

『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』といえば、批評家やファンから手厳しく迎えられたことで知られる不名誉作。その理由は様々あるが、中でもバットスーツに“乳首”がデザインされていたことは笑い種にされてしまった。

出演最新作『The Tender Bar(原題)』プレミアの場で、ジョージ・クルーニーは『ザ・フラッシュ』での再演オファーを受けなかったことについて「依頼を受けていないんですよ。僕みたいにシリーズを破壊してしまうと、そっぽを向かれてしまうものですよね」と、笑って嘆いている。「僕には偉大なる乳首がありました。ずっと冬の時代でした。」

実はクルーニー、1年前の2020年11月にも「僕の乳首は呼ばれなかったんですよ」と、乳首スーツが理由(?)で『ザ・フラッシュ』からオファーを受けなかったことを冗談めかして話していたことがある。クルーニーはかねてより『バットマン & ロビン』に自虐的だったが、その姿勢は今も変わらずだ。

ちなみに、この『The Tender Bar』プレミアで、クルーニーはほかにも『バットマン & ロビン』自虐ネタを連発している。『The Tender Bar』でクルーニーは『アルゴ』(2012)ぶりにベン・アフレックと共演しているのだが、「アフレックとの共演に時間がかかったのは何故?」と尋ねられれば、「彼とは仕事がしたくなかったんです。僕がバッチリ仕上げたバットマンのシリーズを、彼は台無しにしたんだから」と、反応に困るジョーク。「そうでしょ?僕が仕上げたんですよ」と、勝手にウンウンうなずきながらカメラ目線で畳み掛ける。リポーターも苦笑いである。

この軽妙な受け答えの隣で、クルーニーの妻アマルは、いまだに夫が『バットマン & ロビン』を観させてくれないのだとボヤきを投入。これについて夫ジョージは「妻からの尊敬を保ちたいからね」と笑顔で弁明している。どうやら、今でもよほど恥ずかしく思っているようで……。

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly