Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』はシリーズ史上最長、最もエモーショナルに ─ 「今までとはまったく違うものを」とジェームズ・ガン

ジェームズ・ガン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28557194032/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』が、シリーズ史上最長の上映時間となる見込みであることがわかった。監督・脚本のジェームズ・ガンが認めた。

The Hollywood Reporterの取材にて、このたびガン監督は「他の2作よりもはるかに大きな映画です。さらにエモーショナルだし、さらに長い映画になります。いろんな意味で大きいということです」とコメント。第1作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)が2時間2分、第2作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が2時間16分なので、短くとも約2時間20分はあると見ていいだろう。ちなみに前作を超えるということは、ジェームズ・ガンの監督した映画としても過去最長となる。

既報の通り、本作は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』3部作の完結編であり、現行のメンバーによる最終作。ガン監督も「物語はこれで終わり」と述べているように、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を経たあとのスター・ロードとガモーラの関係性、また今まで描かれてこなかったロケットのオリジンなどが盛り込まれるという。

ネビュラ役のカレン・ギランも、「もちろんすごく楽しいシーンはありますが、『ガーディアンズ~』史上最もヘビーな場面もある。やり遂げるのは大変でした」と述べ、ガン監督の「さらにエモーショナル」という言葉に同調。「間違いなく最も壮大、最も複雑。登場人物たちがそれに向き合うので、全員の心が動きます。また私たちも、この映画はひとつの時代の終わりだと感じていました。だから本当にいろんな感情があふれるんです」とも語った。

ちなみにガン監督は、撮影の様子を「本当にやりやすかった。俳優陣のことはよくわかっているので、彼らがすべきことも理解していたし、みんなもすごく上手になっていたので、あまりうるさく言うこともなかったですね」と振り返った。「けれども自分自身をきちんと追い込んで、これまでに敬意を払いつつも、今までとはまったく違うものを作ろうとしているところです」

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は2023年5月5日に米国公開予定。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly