Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作、原題は『Vol.3』で決定 ― ジェームズ・ガン監督「一貫性持たせる」

2020年公開、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの第3作タイトルは、原題『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(Guardians of the Galaxy Vol.3)』で決定しているようだ。脚本・監督を務めるジェームズ・ガンがTwitterにて報告している。

これは、とあるファンが3作目のタイトルについて「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー.mp3』というタイトルを検討したことはありますか? すごくクールだと思うんですが」と問いかけたことから判明したもの。ガン監督の応答は以下の通りだ。

「この提案(.mp3)はいろんな人から何度もされてるんです。でも、これは違いますね。3つの映画はひとつのセットですし、(タイトルは)『Vol.3』として一貫性を持たせますよ。」

2017年8月、監督は第3作のタイトルを『Vol.3』にする意向だと明かしていたが、当時は「あとから変更される可能性もある」と述べていた。すでに脚本が完成済みの現在、タイトルは『Vol.3』で決定したものとみられる。
日本の観客としては、第2作で『リミックス』となった邦題の今後が気になるばかりだが……「3つの映画でひとつのセット」「一貫性を持たせる」という監督の意向がどう反映されるのかに注目しよう。

マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて欠かせない人気タイトルとなった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは、この『Vol.3』をもって完結する予定。スター・ロードをはじめとしたキャラクターは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でもずば抜けた存在感を発揮していたが、この映画では彼ら自身の冒険がさらに深く掘り下げられることになりそうだ。
なおスター・ロード役のクリス・プラットによれば、『Vol.3』の撮影は2019年に行われるとのこと。ところでマーク・ハミルは結局出演するの、しないの……?

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は2020年米国公開予定

Source: James Gunn

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly