Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作の原題は『Vol.3』、ガン監督が認める ─ 11月より撮影スタート

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

鬼才ジェームズ・ガン監督による、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の原題は、大方の予想通り『Guardians of the Galaxy Vol. 3』となることがわかった。ガン監督が米Colliderに認めている。

同シリーズは、2014年に第1作が、2017年に第2作が公開。主人公のピーター・クイルが家族や故郷の忘れ形見として愛聴するカセットのミックステープになぞらえ、2作目では『Vol. 2』がつく原題に。第3作でも踏襲し、『Vol. 3』が採用されたようだ。

『Vol.3』の脚本は2018年のガン監督解雇騒動の時点で完成していたが、この度ガン監督は、現在も「いじったり、書き加えたり、順序の入れ替えをしたり、新しいドラフトを書いている最中」と明かしている。もっとも、変更点は些細なもので、基本的には2018年当時に書き上げていた内容になるというから、さらなるブラッシュアップがなされているものと期待できるだろう。監督は以前、本作は「本当にヘビーな作品になります。さらにヘビーなストーリーですから、エモーショナルな体験になるでしょう」と予告していたことがある。

ところで、フェーズ4に突入したMCUは現在、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)での「インフィニティ・サーガ」完結や、Disney+のドラマシリーズの登場によって大きな転換期を迎えている。将来へつながる伏線の導入も求められそうなものだが、ガン監督は「今度の展開への準備になるようなものを『Vol.3』の脚本に入れるよう求められたことは、ほぼ一切ありません」と話している。「正直なところ、私の好みでもないですしね」と続け、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』独自の物語に集中したことを示唆している。

またこの度、『Vol.3』の撮影が2021年11月よりジョージア州で開始されることも伝えられている。ガン監督はDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』の製作とプロモーションを終え、ついに銀河に戻ることとなる。米公開予定は2023年5月だ。

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly