Menu
(0)

Search

『ゴジラ vs キングコング』再び新キャスト情報 ― 『ヘイトフル・エイト』『死霊館のシスター』俳優が出演交渉中

GODZILLA ゴジラ
©Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

米ワーナー・ブラザースによる「モンスターバース」作品、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする映画『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong)』より、再び新たな出演者情報が到着した。

The Hollywood Reporterほか複数のメディアによると、このたび本作には『死霊館のシスター』(2018)でバーク神父役を演じたデミアン・ビチルが出演交渉中だという。『明日を継ぐために』(2011)でアカデミー主演男優賞ほか数々の映画賞にノミネートされた実力の持ち主が、2大怪獣の激突を見届けることになりそうだ。

死霊館のシスター
『死霊館のシスター』より ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

これまでデミアンは、クエンティン・タランティーノ監督作品『ヘイトフル・エイト』(2015)で主要人物の一人であるボブ役を演じたほか、『エイリアン:コヴェナント』(2017)にもロープ軍曹役で出演。今後はトム・ホランド&デイジー・リドリーが主演する『Chaos Walking(原題)』や、日本の人気ホラー映画『呪怨』シリーズをハリウッドで再リメイクする『Grudge(原題)』(2019)に出演予定だ。『ゴジラ vs キングコング』を含め、話題作への出演が連続することになる。

なお『ゴジラ vs キングコング』の出演者については、いまだ諸説飛び交っており、正確な情報が掴めないままだ。2018年10月時点で出演に関する報道がなされているのは、『デッドプール2』(2018)のジュリアン・デニソンと、『ブラックパンサー』(2018)のダナイ・グリラ、そして『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年公開)のブライアン・タイリー・ヘンリーのみ。ただしダナイは交渉の初期段階だと伝えられていたにすぎず、契約の成立については不明だ。
また本作には『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編『Godzilla: King of the Monsters(原題)』に続いてミリー・ボビー・ブラウンやカイル・チャンドラー、中国人女優チャン・ツィイーも続投するとみられているが、こちらは続報の到着を待ちたい。

映画『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong)』は2020年5月22日に米国公開予定。監督は『サプライズ』(2011)や『ザ・ゲスト』(2014)、『デスノート/Death Note』(2017)のアダム・ウィンガードが務める。

デミアン・ビチル出演、映画『死霊館のシスター』は2018年9月21日より全国の映画館にて公開中。

Sources: THR, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly