Menu
(0)

Search

「ハーレイ・クイン」2人の女優巡る不仲説、アニメ版ケイリー・クオコが一蹴「マーゴットのことは大好きです」

Kaley Cuoco ケイリー・クオコ Margot Robbie マーゴット・ロビー
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Margot_Robbie_by_Gage_Skidmore.jpg|Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kaley_Cuoco_(35751926850).jpg|Remixed by THE RIVER

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを演じる2人の女優、実写版『スーサイド・スクワッド』(2016)『ハーレイクインの華麗なる覚醒/Birds of Prey』(2020)などのマーゴット・ロビーとアニメ版「ハーレイ・クイン」(2019-)のケイリー・クオコ。この2人を巡って、タブロイド紙が取り上げた根も葉もない情報を火種に、不仲に関する噂が独り歩きしていた。

豪紙Starが伝えたこの噂には、2020年7月にクオコ本人がInstagramのストーリー機能に、同紙の報道を取り上げた豪現地メディアMickyの記事をスクリーンショットした写真を投稿。「LOL(笑)」という文字だけを添えて、明言はせずとも不仲を否定する姿勢を示していた。

それから約5ヶ月後の11月30日(米国時間)、米Interview Magazineが企画した対談式オンラインインタビューにシットコム番組「パパにはヒ・ミ・ツ」(2002-2005)で共演歴のあるクオコと俳優デヴィッド・スペードが参加。この場でクオコは、ロビーとの間で囁かれる不仲説を改めて事実無根として退けた。

クリント・イーストウッド特集

私は彼女(ロビー)とお会いしたことすらありません。彼女のことは大好きです。私たちが一緒にコミコンに出たくないって記事がありましたね。“一緒のステージに上がりたくないって互いに拒んだ”って。そもそも、2人ともコミコンの場にいませんでしたから。」

この発言に、スペードが「僕は彼女(ロビー)と会ったことがあるんだ」と応じると、「本当に可愛いですよね」とクオコ。むしろロビーに対して好印象を抱いているようだ。

現在、アニメ版「ハーレイ・クイン」はシーズン2までが放送済み。その定評を受けて、すでにシーズン3の製作も発表されている。「いまや(作品として)大きくなりました。みんなすごく気に入っている」と、その人気ぶりを自覚している様子のクオコ。これに、スペードが「“映画よりも良い”っていう大胆発言ですね」と、あえて冷やかしを挟むと、クオコは「映画とは明らかに別物じゃないですか」ときっぱり否定。それぞれ作品形式は違えど、敬意を持ってハーレイ・クインを演じているようだ。

ちなみに、実写版のハーレイ・クインが次に登場するのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどで知られるジェームズ・ガン監督が手掛ける映画『ザ・スーサイド・スクワッド(原題:The Suicide Squad)』(2021年8月米公開予定)。同作では、ロビーが3度目の再演を果たす。

あわせて読みたい

Source: MickyInterview Magazine

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly