『マイティ・ソー バトルロイヤル』ヘラ役ケイト・ブランシェット、再登場に前向き ― サノスとのタッグも「いいですね」

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)で主人公ソーを苦しめたヴィラン、ヘラ役のケイト・ブランシェットが、マーベル・シネマティック・ユニバースへの再登場に前向き…かもしれない。

最新作『ルイスと不思議の時計』(2018年10月12日公開)の米国プロモーションで米FANDOMの取材に応じたケイトは、ヘラ役を再び演じる意欲について「もちろんありますよ」と回答したのである。

注意


この記事には、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレが含まれています。

もっともインタビュアーの質問に対して、ケイトより早く言葉を続けたのが『ルイスと不思議の時計』で主演を務めたジャック・ブラックだった。「実際、誰も彼女が死んだところを見てませんからね。確かに炎の中には落ちていったけど」とケイトに話しかけたのである。ジャック・ブラック、ちゃんと『マイティ・ソー バトルロイヤル』を観ていたのだ! ところがケイトは、なぜかジャックのキラーパスを「でも、あれは死んでるっぽいですよね」と叩き落としている。

「(ヘラを登場させるために)道を戻る方法はあると思います。でも(マーベル・シネマティック・ユニバースが)常に先へと進んでいるのを私は知ってますから、どうでしょうね? 何についても、私は決して“ノー”とは言いませんよ。」

またケイトは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)に登場したサノスとのチームアップにも「いいですね。(実現すれば)まずいことになりますよ」と前向きだ

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

『マイティ・ソー バトルロイヤル』MovieNEX発売中 ©Marvel Studios 2017

実は“ヘラの再登場”については、2017年11月に気になる情報が入っている。ハルク役のマーク・ラファロが、ケイト・ブランシェットや『ドクター・ストレンジ』(2016)でエンシェント・ワンを演じたティルダ・スウィントンと「最近仕事をした」と話していたのである。ただし、これが『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の撮影だったのか、その真相はいまだ不明のままだ。
また『アベンジャーズ』第4作で“タイムトラベルが起こる”という説がささやかれる中、ケイトがヘラについて「死んでるっぽい」としながら「道を戻る方法はある」と話しているのも気になるが…これはさすがに深読みが過ぎるというものだろうか。

 

ちなみにこのインタビューでケイトが鮮やかなのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』やマーベル映画についての質問に、見事に『ルイスと不思議の時計』を絡めながら応答しているところである。

「(『ルイスと不思議の時計』では)カイル・マクラクランが恐ろしい魔術師を演じているんですが、とにかく重要なのは、魔法は良い方にも悪い方にも使えるということ。自分が痛みを知らなければ、良い魔法もすぐに邪悪なものへと変わってしまいかねません。だから、ヘラも良い方に変われるかもしれませんよね。わかりませんけど。」

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』MovieNEXは現在発売中。
なお、ケイト・ブランシェットの出演最新作『ルイスと不思議の時計』は2018年10月12日より全国ロードショー。

『ルイスと不思議の時計』公式サイト:https://lewis-movie.jp/

Sources: FANDOM, ComicBook.com
©Marvel Studios 2017

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。